インストラクターブログ

Blog

春の訪れを告げる関西のマコガレイ

今回は春の訪れを告げるターゲット。
マコガレイ。
花見カレイなんて言葉もあり、春を感じるターゲットのひとつ。

昔は沢山釣れたと聞きますが、関西エリアでは、幻の魚と呼ばれる程希少な魚。
投げ釣りのターゲットとして狙った事はありますが、今回は船釣り。

古くは、ドンドン釣りと言う釣法で狙われていたようですが、今回は東北スタイルの船カレイ仕掛を持ち込んで狙います。

お世話になったのは、明石の老舗遊漁船「魚英」さん。3月4月の期間限定で出船されています。

正直、船中全員が手に出来る様なターゲットではありませんが、白身の女王と呼ばれる程、上品で美味な魚。
産卵後の回復系の個体なので、季節が進む毎に、身が厚く美味しくなるとか。

無事にゲット出来るのか?
いざ出船です。

ポイントに到着し、船を固定したら釣り開始!
春の陽気を感じながらのんびりスタートです。

仕掛は『船カレイの基本 14号
一本は置き竿、一本は手持ちで、小突きながら狙います。

置き竿は、投げられるスピニングタックルを用意しても良いかと思います。

餌は、青イソメとマムシ(本虫)を1500円づつ用意。
マムシは1/2〜1/4にカット、青イソメは一匹〜1/2にカットして使用します。

まずは、置き竿をセットし、手持ちで小突きながら当たりを待ちます。

置き竿は、潮の速さを見ながら、仕掛を止められるオモリ60〜100号を選びます。

この日は潮が良く流れ、100号でも仕掛が止まりきらないタイミングもありましたが、船カレイ専用の仕掛はオモリ交換が出来る様になっているので、状況に合わせて対応して下さい。

この日は開始早々に同船者にアタリがあり、本命かと思いましたが、良型のキビレチヌ、続けてショウサイフグと、前回釣行時とは異なり、外道も登場。

賑やかな釣果になるかなと思われましたが、満潮潮止まりを迎え、前半の時合は終了。

潮が動き出し、やや落ち着きかけたタイミングで、小突き釣りの竿にゴゴッとアタリ。
完全によそ見していたので、慌てて竿を送り、ハリを飲み込ませます。
竿に生命感を感じたので、ゆっくり聞き合わせ、無事にタモに収まり一安心。

船長曰く、しっかり誘った方が良いとの事だったので、滅気ずに誘い続けた結果の嬉しい1枚でした!

その後は、アタリ無く納竿となりましたが、複数枚キャッチされる方も。
幻と呼ばれるだけあって、必ず釣れるとは言えませんが、その分釣れた時の嬉しさは格別。

その後は、絶品の刺身&寿司を堪能。
幸せな休日となりました。
期間限定の釣り物なので、もう少しマコガレイチャレンジ続けたいと思います!

 

■使用タックル

竿 置き竿 8:2船竿60〜100
  小突き 8:2太刀魚テンヤ用

リール 小型両軸リール
ライン PE1.5〜2号/リーダーフロロ6〜8号

仕掛 船カレイの基本13、14号
剣剛BLACK替鈎 14号

オモリ 60〜100号 

 

スタッフ 大東哲也

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE