インストラクターブログ

Blog

湖東エリアのホンモロコ

毎年3月上~中旬から琵琶湖に春を告げるホンモロコ釣りに出かけるのですが、本年はその時期は諸事情で行けなかったので、シーズンが完全に始まった3/27、滋賀県湖東エリアにひとりぶらりと釣行してきました。

ポイントに到着したのは7時前頃。
昨夜の暖かい雨の影響か、すでにホンモロコと思われる小魚がライズしています。
ホンモロコ釣りには大きく分けてブッ込み釣りとウキ釣りがあり、数釣りを手軽に楽しみたい方はブッ込み釣り、釣趣を重んじる方はウキ釣りをする傾向にありますが、私はどちらも好きなので、欲張って両方を楽しむスタイル。

ブッ込み釣りに使った仕掛けは別注の投モロコ仕掛の2~2.5号。
琵琶湖周辺の釣具屋さんで販売されています。
OH秋田狐を使った5本鈎仕掛けで、全長90cmと短く、アジングロッドなどのULゲームタックルで扱うのにピッタリです。
シンカーはすり抜け性能が高いジカリグシンカー/ジカリグスピンシンカーの1.8~5.3gを風や流れによって使い分けます。

ウキ釣りには5.4mの清流竿を使い、道糸は白の道糸0.6号、ウキはホリデーハエヤマベ仕掛に付属しているウキ(感度が良く、視認性が◎)、サルカンはへらダブルサルカンダルマ型24号で、糸付きのOHモロコをチチワで2本接続。
ハリスは10cmと30cmの段差です。
タナは長いほうを底より10cm上ぐらいに設定しました。
仕掛けは現場で作るのは大変なので、事前に作っておき、BS-25に巻いておきます。

エサはアカムシ。
ミミズも併用するのも良いようです。

まずブッ込み釣りをセット。
1本川の中央付近に投げ、2本目を準備していると、すぐに激しいアタリ。
初めてやる人はあまりにもアタリが大きいのでびっくりすると思います。

上げてみると一投目からまさかの3連。

ホンモロコは朝まずめに時合いがあることが多く、当日も開始してしばらくはコンスタントにヒットが続きました。
ある程度似たようなラインで動くことが多いので、釣れた投点を重点的に攻めるとよいでしょう。

ただ、当日はウキ釣りへの反応が良くありませんでした
アタリがあっても食い込まず、しかもアタリ自体も少ない。
結局ウキ釣りでは1匹しか釣ることができず、周囲の釣り人も苦戦していました。

私はそこまでやりこんでいないので理由がわかりませんが、逆にウキ釣りばかりに反応が良い日もありますので、釣果を重視されるのなら両方準備しておくのがベストだと思います。

また、途中から風が強くなり、ブッ込み釣りのシンカーを1.8gから5.3gに替えましたが、重くするとアタリが減るように思えます。

当日は昼からタナゴ探索へ行く予定でしたが、投げモロコが好調で、お腹がパンパンの大型も混じって9時までに20匹ほど釣れたので、人も増えてきましたし、早めにホンモロコ釣りを切り上げてタナゴ探しへ行くことにしました。

ホンモロコ釣りの模様は個人のyoutubeアカウントにアップしておりますので、よろしければこちらもご覧ください。

 

その後のタナゴ探索は、外道のホンモロコ(笑)がポツポツで、タイバラやフナ、ブルーギルが釣れましたが、まだ水温は低く、魚はいる場所にしかいないので、春本番にはもう少しかかりそうに思えます。

ホンモロコは現在シーズン真っ最中。
ブッ込み釣りの投げモロコスタイルならアジングタックルやバスタックルがあれば楽しめますので、ぜひチャレンジしてください。

 

スタッフ 西浦伸至

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE