インストラクターブログ

Blog

オーシャンバトル大物泳がせ 足摺沖六ノ瀬

こんにちはスタッフ渋谷です。
RCC中国放送のフィッシングトリップという番組収録で、今回高知県足摺岬沖の六の瀬で大物泳がせ釣りを行ってきました。
まだ詳しい内容は伏せておきますが、撮影も無事終了。





番組映像はTV放送後、すぐにオーナーばりYouTubeチャンネルで視聴できますので、是非ご覧ください。

2日目
この日はオーシャンバトル製品のテスト釣行で出船しました。

今回のテスト目的は
・新バリ
・目通し針
・エサ取りサビキ
が主な目的です。

まずはエサ取りからスタート。
この日の餌は大きなハチビキ。
大型の餌で、それに喰ってくるであろう特大魚を狙います。

使う仕掛けは高実績のめっちゃ短い青物チョクリの15号を使います。
感度に入れば次々と釣れます。

しかし餌も大型の為、ハリス10号でも無理やり上げるとたまにハリスが飛んでしまいます。
やはり泳がせタックルで効率よく餌を釣り上げるには、もっと太ハリスの仕掛けが必要ですね。
ちなみにデカサバではハリスはびくともしないのでご安心を。

また水深が深く、1投1投に時間がかかる為、1投で効率よく多く餌を集めれるよう7本~8本仕掛の必要性を感じました。
今後の商品に反映させていこうと思います。

無事にエサ取りも集まり、いよいよ本番の泳がせです。
ここでは目通しで餌をセットしていきます。

目通しのメリットは
・エサが弱りにくい
・目通しでセットすると、ハリが外に出ているので鼻掛けよりもフッキングが良い。(鼻掛けはハリが魚肉に埋まり、固定されやすい)
・目の上の硬い骨に沿って固定している為、バイトがあってもエサがとれにくく、セカンドバイト、サードバイトとアタリを出すことができる。

というようにメリットが非常に多い餌付け法です。

この目通しに私が求める機能は

・セットする際、魚が暴れても曲がりにくい強度。
・目通し糸が簡単に装着できる
・刺し通す際に引っ搔いて出血しないよう、全体的に鋭利な部分がない
・隙間を通しやすく、かつ握りやすい形状
・船上で転がってなくなりにくい

これをテーマに開発を進めました。

今回のプロト品は

・ハリの焼き技術で硬く強く、魚が暴れても曲がりにくい。
・ホール部分→レーザーカットで高精度にホールを作成。折り返し式のホールではないので、でっぱりがなくスムーズに差し抜けます。
また入口をテーパー式、大口径で作っていますので、ループ糸を軸に沿わせてスライドするだけで糸をセットできます。
・全体をバレル研磨で角を落とし、餌を引っ掻いて出血しないように加工。
・丸軸ではなく扁平ボディーなので薄く、目の狭い隙間を通しやすく、しっかり握りやすい。
・扁平なので船上でコロコロと転がらない。

と狙い通りに求める条件を全てクリアでき、テストは満足の結果です。
今期中には発売できると思いますので、「目通し針」是非ご期待下さい。

実釣の方は、やはりあの大餌で当たってくる魚はどれもデカいです。
そのほとんどは巨大サメでしたが…

ただ普段ならがっかりするサメもこのテスト釣行に関しては大歓迎。
毎投といっていいほど当たってくれます。

竿を起こすのも大変なサイズのサメが当たってくれます。
サメ肌で泳いだ際にハリスが擦れ途中でブレイクし、なかなか船縁まではあがりませんが、ハリの掛かりなどたくさんサンプルをとることができました。

今回の新バリのコンセプトは、アタリをとにかく掛けるハリです。
大物釣りでは、1日1回や、丸1日何にもアタリがないこともザラです。

そんな状況では貴重なアタリはなんとしても掛けたいですよね。

試作ハリは立ちがとにかく早く、口の中のどこかでハリ先がとっかかることを狙いました。
魚が反転してテンションがかかった時に、そのまま食い込んでいき刺さり込む、もしくはそのままハリ先が立った状態で、引きずりながら別の位置で食い込んで刺さり込む。
そんなイメージで試作しました。

これも試作品を繰り返し、納得のいく掛かり方になりました。
貴重なバイトをモノにできるハリに仕上がったと思っています。



 
 
 
この投稿をInstagramで見る

オーナーばり公式(@ownercultiva)がシェアした投稿

こんな感じで大満足のテスト釣行になりました。
釣果はサメのビックファイトで楽しませてもらいました。

今後もオーシャンバトル製品で皆さまに喜んで頂ける商品を作れるように、テスト釣行していきたいと思います。

■タックルデータ
ロッド:極泳がせ
リール:バトル20L
仕掛け:オーシャンバトル試作仕掛け3m
めっちゃ短い青物チョクリ15号
ライン:PE8号+リーダー80号フロロ
オモリ:400号
その他:三連スイベル、泳がせパワースナップほつれん泳がせ強化チューブ、試作目通し針

スタッフ 渋谷強志

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE