Fishing Topics

Blog

【 第九話 渓谷で眼にした黒い帯~季節外れの甘露が、呼び覚ます記憶~】

夏と秋の狭間に、北海道中央部の深山を流れる川に入った。 「おかしいな? オショロコマがいない。これは、一体、どういうことだ」 澄んだ流れのどこを探ってもオショロコマが居ない。魚影...

続きはこちら
【 第八話 釣り師が畏怖するフィールドの異変~トラウトの輝きが厭世観を浄化する~】

もうすぐテレビ北海道(TVH・7ch)の釣り番組『ノースアングラーズTV』の放送(7月7日AM5時25分スタート)が始まる。 オーナー社提供回のトップバッターを仰せつかった私は、万全の体制を敷...

続きはこちら
【 第七話 和の釣りへ導く本流竿の曲線美~釣り具に求める古の魂~】

年明けから暦が進み、ふと気づけば、もう三月だ。 今年は気象観測が始まって以来の雪が少ない冬だったそうで、私が暮らす北海道内陸部の景色も例年にない早いペースで春めいてきた。 この時...

続きはこちら
【 第六話 心を癒すバンブーロッドの温もり~『クラシックな一日』を愉しむ~】

人間が釣りを始めたのは、いつからだろう? 正確にその時期を特定するのは難しいが、これまでに為された遺跡の発掘調査では、有史以前の紀元前一万年頃から動物の骨や角などで作られた原始...

続きはこちら
【第五話 渓谷が奏でたレクイエム~爆釣劇に隠された破滅の足音~】

文明が目覚ましく発展し、そう遠くない未来にAIが人間を凌駕するとさえ云われる二一世紀の現在、気づけば乗り物や家電、スマートフォンなど、日常的な道具の隅々にまで人工知能が浸透してい...

続きはこちら
【第四話 欲が招いた失態~一石二鳥ならぬ一針二魚で逃した大物~】

『後悔先に立たず』という諺がある。事後に悔やんでも結果は変わらないので、何かを為す際は、あらかじめ注意して行動しなさいという、先人の戒(いましめ)だ。 そうと分かっていても、過ち...

続きはこちら
【第三話 秋空の下で婚姻色を纏う渓魚】

シーズンを通して同じ魚を追いかけていると、釣れた時期や棲息域などの違いで、魚体に様々な変化が生じるのが分かる。鮭や鱒の類だと、その顕著な例が、婚姻色という産卵期の前に現れる鮮や...

続きはこちら
【第二話 瞼裏に焼き付いた異国のイワナ 其の二】

煩悩の塊である釣り師がフィールドで眠りに落ちるのは、そう簡単な事ではない。ましてや目の前に横たわる湖は、憧れの魚が棲息する水辺。脳の奥底から止めどなく湧き出す妄想が、頭を破裂せ...

続きはこちら
【第二話 瞼裏に焼き付いた異国のイワナ 其の一】

【第二話 瞼裏に焼き付いた異国のイワナ 其の一】 北アメリカの北部を主な生息地とする巨大な魚がいる。サケ科サケ目イワナ属、レイクトラウト。 我が国のイワナ同様、体側に白斑を抱く秀...

続きはこちら
第一話 記憶に刻まれた大魚の波紋。

【 第一話 記憶に刻まれた大魚の波紋。】   釣りは自然が相手のゲームだ。それ故、水面に糸を垂れた後は予測不能で、不思議な事がしばしば起こる。例えば、思わぬ場所で大物に出くわす。予...

続きはこちら