インストラクターブログ

Blog

大人気サーモン海上釣堀

初心者から上級者まで高級魚、大型魚が手軽に狙える事で人気の海上釣堀ですが、寒い季節限定で楽しめるターゲットがあります。
回転寿司で大人気のサーモンです。

通常コースで狙える所、サーモン専門コースで狙う所とあり、今回はサーモン専門コースを楽しんできたので、そちらの釣行をレポートしたいと思います。

今回お世話になったのは姫路家島にある「海恵」さん。
こちらのサーモンコースはルアーオッケーなので、
シングルフック1本というルールさえクリアすれば、ジグヘッドワームなんかも使えます。ですので、普段海上釣堀に来られない様な、ライトゲームアングラーやエリアトラウトアングラーの姿もチラホラ見かけます。

もちろん、エサ釣りもオッケーなので、常連さんは活性に合わせて、エサ釣り、ルアー釣りを駆使して釣果を伸ばされています。

今回は、エサをメインに使用して釣りをする予定でオキアミ3種類(生、ボイル、アミノ酸&黄色着色加工)とブドウムシ、キビナゴを持ち込み、気合十分釣りをスタート。

まずは、脈釣りでスレていない個体を手返し良く狙っていくので、ジグヘッドにオキアミを付けて落とし込んでいきます。

サーモンは表層〜底までを広く泳いでいますので、縦に広く早く探る意味でもジグヘッドでスタートするのがオススメ。
活性の高い個体に飲み込まれにくいので、エサ釣りで狙うなら
朝イチはジグヘッド一択で良いと思います。

今回使用したのは、「湾岸プロヘッド1.5g」程よい太さと、幅広いウエイトラインナップなので釣堀サーモンにピッタリなアイテムです。

釣り開始の合図と共にジグヘッドを投入しますが、反応がありません。
通常は朝イチのモーニングサービスで如何に手返し良く数を伸ばすか?で釣果が大きく変わるのですが、いきなり黄色信号点灯のピンチです。

何度か投入しフォールさせていると、ラインがシュッと走ったので、フッキング!ようやくファーストフィッシュです。

この釣りは仕掛を落としていく途中のラインの動きの変化でアタリを取っていくので、ラインの動きに集中です。
イメージで言うとチヌの落とし込み釣りに近いと思います。

時合突入か?と思われましたが・・・
後が続かず。
ここで、ジグヘッドを諦め、完全フカセで仕掛を沈めて行く釣りに変更。

ガン玉でフォールスピードを調整しながら、反応を探りますが、沈黙。


最終的にガン玉を外して完全フカセで、ポロリと追加。
今日はすこぶる反応が鈍い!

一方、普段エリアトラウトで鍛えている同僚はスプーンとジグヘッドのローテーションで、コンスタントにヒットさせています。
餌には反応しないが、リアクション的な感じでうまくスイッチが入れば口を使っている感じ。

こうなれば、こちらもスプーンを投入して挽回したい所。
しかし、生簀の短い距離で食わさないといけないので、意外と難しい。
ルアーの場合はとにかく、反応するカラー、アクションが見つかるまでローテーションを繰り返していきます。

ただこちらもシビアで、一回誰釣れても同じカラーで反応しない・・・
とにかく色々試してみるのが釣果への近道。
終了直前に、開始から降っていた雨が止みピンク系のスプーンに反応あり!
コースを変え、レンジを変え何とか一本追加して終了となりました。

サーモンは意外と口が固く、柔らかい竿を使うのでハリ選びが釣果に影響してきます。
細軸のハリがオススメ!
スプーンなら『SBL-27 』餌釣りなら『速攻チヌ
ジグヘッドは『湾岸プロヘッド』が使い易いと思います。

冬限定のサーモンコース是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

釣行日
2024/2/25

使用タックル
【餌釣り】
ロッド ライトゲームロッド8ft
リール スピニングリール2500
ライン フロロ1号
フック 湾岸プロヘッド1~1.5g
速攻チヌ4号

【ルアー】

ロッド ライトゲームロッド6ft
リール スピニングリール2500
ライン フロロ1号
ルアー スプーン1.3g〜2.7g
フック SBL-27 #6

スタッフ 大東哲也

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE