インストラクターブログ

Blog

最盛期を迎えるイサキ釣り

春~夏にかけて最盛期を迎えるイサキ釣り。

イサキというと天秤吹き流しや完全フカセ、SLJなどあらゆる釣り方で狙えるターゲットであり、食味もいいことからイサキファンも多いですよね。
そんなイサキを求め、マイボートで釣行してきました。

イサキの居つきそうな風向きや潮向きを考え、瀬の手前にアンカーを入れ、コマセを撒いて瀬についたイサキを誘い出して狙うことにしました。

様々な釣り方がありますが、以前よりチャレンジしてみたかった完全フカセで今回はチャレンジ♪
糸を何m出したかわかるようにカウンター付両軸リールにフロロカーボン6号をいれ、
沖アミチヌで作成した3本鈎自作仕掛でスタート。
どういった鈎が良いのかわからなかったため、まずはケン付でエサのホールド力を優先しこの鈎をチョイス。

エサの沖アミをセットし、完全フリーで流していきます。
また、同時に刺し餌と同調するように少量ずつパラパラと撒き餌をします。

しばらく流しているとスプールが高回転で回りだし、アタリが!!
上がってきたのは本命のイサキでした。

その後も順調に数を伸ばしていきました。


が、途中で何度か鈎を伸ばされたり、ハリスを飛ばされました。
恐らく撒き餌に寄ったハマチやヒラマサです。

こういうこともあろうかとタックルボックスに忍ばせておいた閂マダイXに鈎を変更。
鈎色のオキアミケイムラカラーが効いたのか、鈎が多少重くなったことで棚が合ったのか、イサキの釣果も伸びうれしい外道のハマチや小マサ、グレなど色々な魚が遊んでくれました。



気を良くし、次の週末もイサキ狙いで釣行♪

同行者もみんなフロロを巻いたリールがないとのことで、前週使用した私のタックルを友人に貸し出し、私はPEでチャレンジすることにしました。
私も友人もこの完全フカセ釣りにチャレンジしようと思った際に初めに当たった壁がフロロライン。
PEラインを巻いたリールは持っているものの、フロロを巻いたリールがない。
他の釣りではなかなか使用する機会がないため、正直巻くのが面倒くさい・・・。など感じ方は色々あるものの共通の悩みがフロロラインであることには変わりませんでした。

そこでもっとライトに手持ちのタックルでできないか?と考え今回は
イカメタルタックル+ジグヘッドでチャレンジすることにしました。

ロッド、スピニングリール、ライン(PE0.6号)の先にアジング用のジグヘッドを結ぶだけ、という非常に簡易的なもの。
気にすることといえば、ジグヘッドの重さで狙える棚が変わるので、潮や反応によってジグヘッドの重さを調整してやることぐらいでしょうか。
0.2g~1.5gまで色々試行錯誤し、その状況に応じたベストな重さを見つけるとそこからは連発モード


チャレンジタックルでも問題なく釣果を十分に出すことができ、納得のテスト釣行となりました。(遊漁船で試す場合には念のため船頭さんの確認を取ってくださいね)

完全フカセもジグヘッドフカセもフカセ独特のクセになるアタリがあり非常に面白い釣りです♪

マイボートの方はもちろんのこと、イサキ狙いの遊漁船もたくさん出てますので、ぜひ美味しいイサキを狙いに釣行してみてください。

■釣行日
2022/5/28、6/5

■タックル
〈完全フカセ〉
ロッド:ライトゲームモデラート7:3
リール:オシアコンクエストCT300
仕掛:自作仕掛 沖アミチヌ3号、閂マダイX9号

〈ジグヘッドフカセ〉
ロッド:セフィア XTUNE メタルスッテ
リール:ヴァンキッシュ4000
仕掛:バランサーヘッド0.2~0.5g、アジ弾丸0.6~1.5g

スタッフ今永航汰

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE