インストラクターブログ

Blog

高知県沖ノ島周辺でカンパチ狙いのジギング

こんにちは。
スタッフ渋谷です。

今回は高知県は沖ノ島周辺で、カンパチ狙いのジギングをしてきました。

お世話になったのは愛南町より出船の「海弘丸」さんにお世話になりました。

ではレポートです。

当日は海況よく、穏やかな海でした。

朝焼けの中、出船。

貝や魚の養殖イケスが愛南っぽくて好きな景色です。

独特の入り組んだ湾を抜け外海に。

いつも磯釣りで楽しませてもらう中泊の磯の風景を見ながら、ポイントまで船を走らせてもらいます。

鵜来島を越え沖ノ島周辺に到着。

まずは沖ノ島周辺のポイントからスタートです。

水深は100m前後で、潮によってジグは300g以上必要と事前に情報をもらってましたが

この日はスピニングタックル150gでも余裕で底取りできる感じの緩い潮のようです。

どうやら今日は厳しくなりそうな予感を感じます。

とりあえず朝のうちは色々と試してみます。

ジグの形状、フックセッティングを変え反応があるパターンを探していきます。

しばらくやってチェイスは1度だけ。

ボトムからほぼフォールを入れない早いジャークで、バイトには至らないものの、反応がありました。

その後アタリのないままポイントを点々とし、いったん根魚の反応を見に行く事に。

水深150mほどのポイントでボトムを叩いていきます。

するとすぐにアヤメカサゴが遊んでくれました。

ジガーライトツインシワリ3/0

このポイントで皆癒され、ここからは再度本命カンパチ狙い。

沖ノ島の名礁を眺めながらカンパチを狙います。

唯一ヒントのあった、フォールで見せすぎないアクションを軸に。

たまにチェックを兼ねて、ワンピッチでフォールアクションも織り交ぜ反応を探します。

すると待望のアタリが。
ボトムから早巻のジャークで、15mほど上でヒット。

カンパチらしい強烈なランです。

4号タックルをフルベンドさせてランを止めます。

底を切って安心できるところまでリフトし、後はバレないよう少しドラグを緩めてファイトしました。

強烈な引きで楽しめました。

ジガーミディアムチェイス7/0

厳しい状況での1本に達成感。

その後も同じパターンで。

ハマチをジガーミディアムチェイス9/0で。

やはりこの日は、フォールを入れない早いアクションに反応が良いみたいです。

また同じパターンで。


ジガーミディアムチェイス7/0

磯釣りのメッカとあり、フカセを楽しむ方が多数。

その後最後に、横島周辺でハマチを釣り上げ納竿となりました。

本命のカンパチは1つだけでしたが、難しい状況の中、アタリを出せ満足できました。

お誘いいただいた松岡漁具スタッフの皆様、船長ありがとうございました。

またデカいカンパチを狙って訪れたいと思います。

 

■タックルデータ
4号タックル
ロッド:デュアルエッジ643LR
リール:ツインパワー8000Hg
ライン:PE4号 リーダーフロロ20号
ジグ:ガタージグ他ロング・セミロング150g~250g
フック:ジガーミディアムチェイス7/0~9/0 、ジガーライトツインシワリ3/0

その他:スプリットリングハイパーワイヤー#6 ソリッドリング#6
結束:パワーノットチューブ#Mでバナナノットで結束

5号タックル
ロッド:リアルフュージョン5104LR
リール:ツインパワー8000PG
ライン:PE5号 リーダーフロロ30号
ジグ:ガタージグ他ロング・セミロング150g~250g
フック:ジガーミディアムチェイス9/0
その他:スプリットリングハイパーワイヤー#6 ソリッドリング#6
結束:パワーノットチューブ#Mでバナナノットで結束

■釣行日 5/19

スタッフ 渋谷強志

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE