インストラクターブログ

Blog

有意義な釣行となった高知沖の大物泳がせ

こんにちは。
スタッフ渋谷です。

このところ、各地でオーシャンバトルシリーズの大物釣果をたくさんいただいています。

クエにカンパチ、イシナギ、カンナギ、キハダなどレコード級の魚ばかりです。

 

皆様いつも商品テストや情報ありがとうございます。

そして私もそんな大物目指して釣行してきました。

ではレポートです。

今回は高知より出船の「海治丸」さんにお世話になり、根魚狙いの釣行でした。

数々の大物実績を持つ頼もしい船長がサポートしてくださいます。

もちろん大物を釣りたい我欲が1番ですが、今回は試作品を試す事も目的としました。

まずはいつもの通りエサ取りからです。

フラッシャータイプのサバ用サビキを複数個作り、色々試してみました。

この日は魚探に映るサバのレンジ層が狭くテストにはもってこいでした。

10mほどの感度の中で、いかにたくさんのサバを掛けれるか。

幹間や、フラッシャータイプ、カラーなど色々な物を試しました。

10本鈎で作成し、10本パーフェクトもあり、なんとなく当たり寸法が見えた気がします。

今回のデータを活かしてまた試作を作成することにします。

餌も集まりいざ本番の泳がせ釣りです。

今回取れたサバは20cmほどと小型のサバでした。

当然エサの大きさに比例して、エサの体力も変わります。

小サバでもしっかり泳げるように軽い仕掛けで。

仕掛けはカットゴリラの3/0ハリス50号を1.5mで開始します。

漁礁のピン打ちの釣りですのでハリス長は短く設定しました。

餌も小さいので、いろんな魚が当たってきますが、本命では無さそうなアタリが多いです。

歯形的にエソっぽいです。

エサ取りと戦いながらサバを何回も打ち変えていると、やっと鈎掛かりしてくれました。

かわいいマハタが釣れてくれました。

今回はサバの餌付け方法をテスト中の孫ばり式でセットしてみました。

太いメイン鈎を直接餌に刺してしまうと、餌に対するダメージが大きい為、このような仕様で試しています。

目通しで餌をセットするのが1番鈎の性能を引き出せ、餌も弱りにくいです。

また目通しで小餌をセットするのには、糸よりもゴムタイプのループが伸縮性が有り、簡単にセットできオススメです。

ただ目通しはセットするのに慣れが必要なのも事実です。

誰でも簡単に手早くセットできる餌付けパーツを試しているところです。

理想は使う鈎にワンタッチで付けれて、餌の暴れ程度では外れないようなパーツを目指します。

この試作パーツには改善点が数点見つかったので改良していきます。

その後餌取りを避ける為に、持参したデッドのイカを投入。

フックはプロトの30号。
こんな魚の機嫌が悪い日は、貴重なアタリを是が非でも掛けたいので、掛かりの早いプロトフックを投入します。

最後まで気を抜かずに待ちましたが、アタリなく終了の時間を迎えました。

また次回挑戦ですね。

今回大物には出会えませんでしたが、色々とテストでき、有意義な釣行となりました。

今後も大物を追いかけたいと思います。

タックルデータ

ロッド:グランドエボverR185
リール:バトル20L
ライン:メインPE10号 リーダー80号ナイロン
仕掛:プロトフック30号+ナイロン60号1.5m
カットゴリラ3/0+ナイロン50号1.5m

その他
泳がせパワースナップ400lb・450lb
ほつれん泳がせ強化チューブ
1.5mm・1.2mm
プロト
目通し棒・目通しループ

釣行日
5/14

スタッフ 渋谷強志

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE