インストラクターブログ

Blog

船から少し深場の大型キスを狙って釣行

先日イサキの釣行ブログをアップしましたが、イサキ同様に超人気ターゲットなのがシロギス!
夏の代表的な魚のひとつですね。

サーフからの投げ釣りでももちろん狙えますが、今回は船から少し深場の大型キスを狙って釣行しました。

この船キス釣りは専用タックルでなくてもライトタックルで楽しめ、シロギスの魚体からは想像がつかないほどの強烈なアタリで楽しませてくれるターゲットです。

砂地エリアに船を止め、効率よく流し釣りで狙っていきます。
サーフでの投げ釣りの場合「シロギスは足で釣れ」という言葉があるぐらいテンポよく広範囲を探ることで釣果が伸ばせるのがこの釣り。
船の場合は風で船が流されることで広範囲を効率よく探ることができるというわけです。

この日は仕掛を3種類用意。
流線鈎とキス競技用鈎の2種の鈎の使い分け、夜光パイプなどの装飾品の有無などで釣り分けるためにこちらの仕掛を準備しました。

天秤はでっぱりがほとんどなく、絡まりの少ないからまん天秤を使用。

アオイソメとイシゴカイを使い分け、順調に数を伸ばしていきます。



仕掛の使い分けとしてはまずは夜光パイプなどの装飾品のついたアピール力の高いものから使用し、フグやベラなどの外道が増えてくると装飾品を減らす。
また、釣れるキスのサイズに合わせて7~9号の鈎サイズを変えていく、といった具合で仕掛を選んでいきます。

この日は圧倒的にキスボート阿部式キス仕掛にアタリが集中。
順調に数を伸ばし、納得の納竿となりました。

釣りとしても非常に面白く、食味も良いことからその後何度か釣行しました。
ひたすら数釣りを楽しむ者から竿もリールも触ったことのない初心者などなど素人~玄人までみんな楽しめるのが船キス釣り。



私も企画途中の船キス仕掛の実釣テストを繰り返しながら楽しみました。

流線型、袖型、狐型の各種鈎、装飾品の有無、使いやすいハリス号数、全長、間隔などなど簡単な釣りの中で工夫要素が大きく、まだまだ改良の余地ありかな、といったところでこれからもテストを続けていきたいと思います。

釣って楽しく食べて美味しいシロギスは身近な砂浜や防波堤などあらゆる所から狙うことができます♪
また船キスと言っても、遊漁船、マイボート、レンタルの手漕ぎボートなどあらゆる形がありますので、是非お好みのスタイルでチャレンジしてみてください。

■釣行日
2022/5/21、6/4、6/19

■タックル
ロッド:イカメタルロッド
リール:小型~中型スピニングリール
仕掛:船釣仕掛キスボート速攻キス2本阿部式キス競技用2本、プロト仕掛、からまん天秤

スタッフ 今永航汰

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE