インストラクターブログ

Blog

経ヶ岬沖のタイラバ

こんにちはスタッフ今永です。
GW後半戦、3連戦でタイラバにて真鯛を狙いに行きました。

冠島を抜け、目指すは経ヶ岬沖へ

結果は3日間とも二桁釣果の爆釣




しかし、3日間ともパターンが全く異なりました。
それがタイラバ釣法の面白い所でもあり、難しいところ。

ポイントも水深も同じ。
それでも船の流れ具合によってヘッドの重さは60~300gまで臨機応変に。
さらにはネクタイ形状、カラー、トレーラーワームの有無などなど。
引き出しの多さが釣果を左右するのがこの釣り。

チェンジストッパーの特性を最大限にいかして、マメにパターンを探ることで釣果に結びつきました。

また、今回も使用したフックは発売を控えたチェンジマルチカスタム ホールド3本。

200m先でのフッキング、ディープエリアから上げてくる際の水圧を考えると真鯛の唇に多点掛けすることでバラシをなくすことが最大の狙い。

今回も狙い通り唇に多点掛け成功。


テストも兼ねていたので今回もかなり強引ファイトでのテストをしましたが、全く問題なし。
改めて鈎の重要性を再認識する釣行となりました。

タイラバで十分に楽しめたところで鳥山発生!

ベイト付きのマダイをジグで狙うことに。
とは言ってもタイラバタックルに撃投ジグTGエッジ60g&マスクドスピンをセットし、落として巻くだけ!


一方私はSTX-58をセットしたジグミノーでナブラ撃ち♪

どちらも大成功で十分に真鯛を楽しんだ後はエサ釣りやSLJなど色々なことをしましたが、特に社員メンバーで遊びに行った日には自作のサビキ仕掛や胴突仕掛を用いて、イサキやウマヅラなどを狙いました。

こういった自作仕掛をベースに今後も企画に繋がるような釣行を続けていきたいと思います。


■釣行日
2022/5/3~5

■タックル
〈タイラバ〉
ロッド:炎月リミテッド B70M
リール:オシアコンクエスト300PG
ライン:PE0.8号400m+リーダー4号
ルアー:チェンジアップヘッド60~200g、タングステンヘッド240g~300g、チェンジマルチカスタム ホールド3本、チェンジネクタイ

〈ライトジギング〉
ロッド:Sea walk S67UL
リール:ステラ4000
ライン:PE0.8号300m+リーダー4号
ルアー:タングステンジグ100g~180g、キャスティングアシスト、ソリッドリング

スタッフ 今永航汰

2022年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE