インストラクターブログ

Blog

荒天の合間に淡路島でメバリング

今冬は例年にないほど季節風が強い日が続いており、冬季シーズンの楽しみであるメバルをメインとしたライトゲームがしづらい日々が続いています。
そんな中、久しぶりに季節風が弱まるタイミングを見計らって、兵庫県淡路島の西浦側でメバリングすることにしました。

現地に着いたのは21時頃。
弱まるとはいえ、北風が4~5mほど吹いてはいますが、波は低くて釣りは可能です。

風裏を探してエントリー。
アフター、かつ季節風にかき回され続けて水温がかなり下がっているので、食いは渋いことが想定されます。

長年の経験則で、この時期の西浦側はシルエットが小さいワームへの反応が良く、かつジグヘッドはできるだけ軽め、リトリーブは遅めが良いと実感しているので、ワームはデッドスローリトリーブでもテールが微振動して小さいシルエットながらアピール力が高く、かとソフトな素材で吸込みが良いドロメシャッド1.3インチをセレクト。
昔は細めのストレートワームをカットして使っていましたが、ドロメシャッドならそのまま使えるのが◎。
ジグヘッドは虫ヘッド1gを使用。
エサ釣り用のジグヘッドですが、様々なエサに対応するよう短めのシャンク設計なので、ドロメシャッド1.3インチにピッタリです。

ブレイクよりも沖に投げ、ボトムまで着底させ、1mほどゆっくりと巻き上げて着底、の繰り返しで攻めます。
しばらく続けていると可愛い10~15cmぐらいのガシラがポツポツとヒットし、ガシラを数匹釣るとメバルが混じる状況に。
しかし、メバルは数釣れません。

やがて日付が変わる頃になると急に風が止んだので、本命の波止の先端部へ移動。
水深はあまりありませんが、潮通しは良く、テトラも隣接していてメバル、ガシラの好ポイントです。

実績ポイントですが、季節風がダイレクトに当たるので風が緩い日にしか入れず、今シーズンはきっとあまり攻められておらず、魚影はきっと濃いはず。

期待して竿を出すと、しばらくは小型ガシラがコンスタントにヒット。

底ではガシラがやけに高活性なので、底付近にはあまりワームを長時間泳がせず、底より1mほど上を意識してデッドスローで引いていると、18~20cmほどメバルがコンスタントにヒットするようになりました。

小型をリリースしながら釣っていると、2時間ほどで活かし用の水汲みバケットが結構満たされたので納竿。

必要分を選別、キープして、後はすぐにリリース。
急いでリリースしたかったので、写真が雑で申し訳ないです。

 

このメバルたちはアクアパッツァとフライにして美味しくいただきました。

■タックル
ロッド:月下美人 AIR AGS AJING A79L/M-S
リール:セルテート2004
ライン:フロロ2lb
ジグヘッド:虫ヘッド1g
ワーム:ドロメシャッド1.3インチ クリアーケイムラ、カブラグローなど

 

広報課 西浦伸至

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE