インストラクターブログ

Blog

激渋船タチウオを攻略

こんにちは!スタッフ大東です。
今回も船太刀魚テンヤ釣行レポートです。

10月に入り、季節もいよいよ秋らしくなってきましたが、大阪湾のタチウオはご機嫌ナナメらしく、連日厳しい釣果が続いていますが、激渋タチウオを攻略しようと、須磨浦より出船の『盛和丸』さんにお世話になりました。

出船は6時、ポイントは神戸沖70mラインからスタートです。

朝一は活性の高い個体が多い時間帯ですので、先ずは早めのジャーク×2回で、水深の半分位まで反応を探ります。

が、案の定反応は無く、次はストップ&ゴーで、やはり反応無く、大きくシャクってフォール、と色々テンヤを動かす誘いを試しますが、反応はありません。

今年の大阪湾は、昨シーズンよりも、ベイトなるイワシが少なく、太刀魚の群れも小さい、もしくは、バラバラな感じなので、エサを取り合ったり、ベイトを追いかけ回す事が無く、補食のスイッチが入りにくく、アタリが出ても、追いが弱いのでテクニカルな日が多く、スロー巻きを中心とした、誘いに切り替え反応を探ります。

 

時折、船中で太刀魚が上がりますが、アタリすら出ません。
ここまで渋いとは思ってませんでしたが、どうにか1本という事で小細工タイムに突入です。

もちろん、エサのイワシは頭カット(ショートシルエットにして当たりを出しやすく、(追い易くする)
掛獲船太刀魚テンヤは、鈎の全長が頭をカットしたイワシがちょうど良い感じでセット出来ます。

上げの釣りで反応無く、アタリ棚も絞れないのでキャストしてカーブフォールさせながら、まばらに居る太刀魚にアピール。

フォールスピードをコントロール。
(メカニカルブレーキで早くしたり、遅くしたり)

すると作戦が当たったのか、フォール着底寸前でアタリ!そのままフッキング!
ズシッとした重みが乗りようやく1匹♪

まずまず良型でニンマリ

今回は、マックス早く落ちる様にしてアタリがあったので、引き続き同じようにすると、今度は指2本クラスが登場。
こちらもフォール中にコツンとアタリがあり、誘いを軽く入れてフッキング。

更に同じパターンで良型を追加!

これでパターン掴めたかと思いましたがそんなに甘くありませんでした・・・

掛獲船太刀魚テンヤは、バランスが良く、フォールでのアタリも掛やすいので、フォールの釣りにもオススメです。

その後は微速巻きパターンに突入したので、必死に巻きましたが、アタリはあるものの掛けきれず、終了となりました。

 

渋い時は渋いなりに面白い部分はあるのですが、やっぱり釣れた方が、いいですね。

今回は台風や大雨による濁りも残っており、難しい状況でしたが、小潮回りに入り釣果も上向いてきてました。

タチウオシーズンはまだまだ続きますので、皆様も挑戦してみて下さい!

釣行日 10月19日(土) 中潮

■タックル
竿:8:2調子タチウオテンヤ用ロッド2m前後
リール:小型両軸リール(PE2号200m程度巻けるもの)
メインライン:PE2号(船宿さんにより指定がありますので事前に確認して下さい)
リーダー:フロロ8号
先糸:よれない船太刀リーダー14号50cm
テンヤ:掛獲船太刀魚テンヤ40号パープルピンク、グロー(船宿さんにより指定がありますので事前に確認して下さい)

スタッフ 大東哲也

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE