インストラクターブログ

Blog

マイボートの日本海ディープタイラバ

こんにちは、スタッフ今永です。

各地よりのっこみ真鯛の気配も出てきましたので、私も早速マイボートにて、日本海ディープタイラバへと実釣してきました。

今回は大型真鯛を仕留めることはもちろんですが、新製品【チェンジマルチカスタム ホールド3本】の最終サンプルのテストも兼ねての半日釣行となりました。

このマルチカスタム ホールド3本は全海域にてもちろん使用可能ですが、特に『ディープタイラバ』に焦点を当て、鈎屋ならではのこだわり設計にしたフックです。

ディープタイラバにおいて、バラシはつきもの。
時には200m以上ラインを出してのフッキング、そしてディープならではの水圧、大鯛の硬い口などなど理由は様々ですが、少しでもバラシは減らしたいところ。
そこで魚との接点であるフックに焦点を当て開発したのが今回の製品です。

ただの3本鈎仕様ではなく、真鯛の口周りの柔らかい所に多点掛けするような段差セッティング&ジガーライトマダイ向う合わせと早掛の適材適所な使用とこだわり仕様です。

舞鶴湾を抜け、目指すは経ヶ岬沖。

90m~130mほどのめぼしい所を探索していると、70㎝ほどの良型真鯛をキャッチ♪



しっかり多点掛かりしており、フッキングもばっちり。
テストのため少々強引なやり取りをしましたが、多点掛けにより一切バレる気配もなく、むしろランディング後外すのが大変なぐらいです笑

その後は反応もなくなり、レンコダイなど外道が増えてきたのでこの日は納竿となりました。

そのまま次の日も出船♪

この日は100m前後のスーパーライトジギングを楽しんできました。

タングステンジグでボトムメインに釣れる魚を全て狙おう♪的な作戦です。
アシストはライトツインアシストキャスティングアシストがベストマッチですが、今回はキャスティングアシストを使用しました。

このキャスティングアシストは本来カツオなどのキャスティング向けに開発されたものですが、独立リング仕様のため、ディープエリアで魚が水圧を受けてまわった際にもバレにくいためスーパーライトジギングでも使用しています。

基本はボトムをメインで根魚系を釣り

中層感度が入れば、回遊魚系を釣り


五目釣りを堪能して納竿となりました。

遊びのボートですが、製品テストはもちろんのこと、急遽写真が必要な時や新しい釣りにチャレンジしたい時など活用していきたいと思います♪

■釣行日
2022/4/2~3

■タックル
〈タイラバ〉
ロッド:炎月リミテッド B70M
リール:オシアコンクエスト300PG
ライン:PE0.8号400m+リーダー4号
ルアー:チェンジアップヘッド80g~200g、チェンジマルチカスタム ホールド3本

〈スーパーライトジギング〉
ロッド:Sea walk S67UL
リール:ステラ4000
ライン:PE0.8号300m+リーダー4号
ルアー:タングステンジグ、キャスティングアシストソリッドリング

スタッフ 今永航汰

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE