インストラクターブログ

Blog

【素人処理絶対厳禁】淡路島のヒガンフグ

水温が低下するこの時期、タンコブゲームを楽しんでいると良く混じるゲストのヒガンフグ 。
どうやら産卵のために浅場へ寄っているらしく、30cmクラスの大型もちょくちょく混じります。
エサ取りが激減するこの時期でも気持ち良いアタリを出してくれるので、1日0~1回のアタリが多いタンコブゲーム時には、 ある意味癒しのターゲットともいえます。

そんなヒガンフグですが、トラフグに次ぐほどの美味とのことで、カットウフグでは人気ターゲット。
しかし有毒のフグですので、必ずフグを取り扱う資格を持つ専門の方に処理してもらう必要があり、今までは釣れてもリリースしていました。
自分で捌くなど論外です。

最近、陸っぱりでもヒガンフグが釣れたらフグ調理師免許を持ったプロがいる店に持ち込み、身欠きにしてもらって食べる人が増えていると聞いたので、私も試してみることに。

陸っぱりのヒガンフグの釣り方はジグ単のタンコブゲームと全く同じでOKですが、必ず虫ヘッドパワーには虫パフックのSかMをセットしてください。
エサはバナメイエビで、虫ヘッドパワーには丸のまま、虫パフックには鈎が隠れるほどの大きさのむき身を付けてください。
カットウフグでは、アルゼンチン赤エビや海エビが効果的なようですので、手に入るならそちらを使ってもよいかもしれません。
ヒガンフグはほぼ虫パフックに掛かります。

アタリはジグ単であるためか意外と明確で、重みを感じるようなアタリなら積極的に合わせても良いと思います。
鈎掛かりした後、急にテンションが抜けることがあり、そこで糸を緩めるとバラシにつながりますので、一気に巻き上げると良いでしょう。

先日釣行した際は、コブダイのアタリも交えながら、昼過ぎまでに20~30cmを3匹釣ることができたので、明石市の「釣船の家 海蓮丸」さんへ電話して予約を入れ、友釣り用のオトリ缶を使って活かしたまま店へ持ち込み、身欠きにしてもらいました。

1匹300円で処理していただきました。
思った以上に可食部分が多く、3匹で十分な量。

海蓮丸さんではフグ釣り船をやっているので、フグをもっと食べたい、釣りたいという方は船から狙うのもアリです。

【お店の詳細】
釣船の家 海蓮丸
℡078-220-6445
営業時間:11:00~15:30(L.O 15:00)
定休日:火曜日、水曜日、お盆と正月
※フグを持ち込む際の注意
①電話予約が必要
②釣り船のお客様が優先

 

ヒガンフグは5日寝かせたほうが良いと同僚から聞いていましたが、休肝日などの兼ね合いで3日寝かせて食べたところ、それでも十分美味しくはありましたが、まだ驚くほど身に張りがあり、素人レべルの薄造りではちょっと歯応えが強過ぎましたので、次回はしっかりと寝かせてから食べたいと思います。
今回は刺身と唐揚げでしたが、次は鍋で楽しむ予定です。

今まで手を出さなかったヒガンフグ。
プロに処理をお願いしなければならないというハードルの高さはありますが、それさえクリアすれば、身近な場所でこんなに美味しいターゲットが狙えます。
強くおすすめしたいところではありますが…陸っぱりの釣りですので、色々自己責任となります。
チャレンジされたい方は、その点をご理解のうえ、釣行してください。

しつこいようですが、釣ったフグの処理は、フグを取り扱う資格を持つ専門の方に必ず依頼してください。
依頼できない場合は絶対に食べないでください。
素人処理は厳禁です。

※岩手県越喜来湾および釜石湾ならびに宮城県雄勝湾で漁獲されるヒガンフグについては食用不可ですのでご注意ください(厚生労働省のサイト参照)

 

スタッフ 西浦伸至

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE