インストラクターブログ

Blog

4連休は四万十川で友釣り三昧

こんにちはスタッフ藤岡です。
今年から始めたアユの友釣りもいよいよ終盤に差し掛かり寂しいもので残りわずかとなりました。
まだまだ試したいことや経験したいこともあり、9月の4連休は日の出前から日没後まで連日友釣りをみっちりと満喫してきたので今回はそのレポートを。

今回向かった先は言わずと知れた高知県四万十川。
友釣りでは8月以来の来河となり、高水温で悩まされた8月とは違い今回は水合わせの心配もないので思う存分に四万十の大鮎に挑むことができるだろうと意気揚々と挑みました。
まずは前回良く釣れた中流域大正地区のトンネル横というポイントに入ることに。

 

しばらく川見を行ってみると、1週間前の台風10号や秋雨前線の大増水の影響か白川状態となり、嫌な予感がよぎりますが先ずはセオリー通りに瀬肩の岩盤+玉石付近にオトリを入れること数分で幸先よく1尾目をキャッチ。

ところが、釣れたアユは18cm程度で白く痩せていたので、案の定この後は反応悪く午前中で4鮎とかなり厳しい状況。
やはり白川状態となり鮎の付き場が変わってしまったと判断し、フラットな岩盤や大岩裏など残り垢狙いだけにポイントを絞りこみ午後の部へ折り返します。

午後からは鮎の活性も上がるだろうと、仕掛をザイト・メルファ複合メタルMHの0.1号から0.15号に張り替えハリも大鮎狐の8.5号2本チラシの大鮎仕掛で挑みます。

入ったポイントは200mほどの小さな早瀬の瀬尻から順に反応を見ようと引き釣り泳がせでサーチするといきなりガチーンと激しいアタリ。

22~24cmほどの真っ金金の鮎が良いペースで掛かってくれます。
ここで同僚の西浦も合流し二人でポツポツ数を重ねて最大は26.5cmと初日にしてはまずまずの結果で終了としました。

 

2日目
この日の午前は大場所である昭和大橋下の荒瀬に入ることに。


大場所とあって非常に鮎の多いポイントなので期待しながら一投目。
大岩の泡の所で早速ガチーンと激しいアタリで無事に22~23cm位の鮎をキャッチ。

この調子で続くかと思いきやいつも掛かるところ所でも中々反応が悪くぽつぽつキャッチとこのポイントにしてはローペース。
やはりここも大増水の影響で垢が飛んでおり、活性が低い状況だと判断しポイント移動することに。

午後からは川内の入川道が空いていたのでそちらに入ることに。
まずは右岸上流側の瀬肩からオトリを入れてみるといきなりバチーンとひったくるアタリ。
掛けた瞬間から大きいと判断できたので瀬に入られる前に強引に際へ寄せてからバテテきたところで無事キャッチ。
ザイト・メルファ複合メタルMH0.15号と大鮎狐8.5号の強い仕掛だったので落ち着いてやり取りできたのがよかったとおもいます。

この旅、最大の27.5cmの四万十らしいアスリート体系の鮎でした。
この後も瀬の中や瀬尻、瀬の開きと順調に数を重ねてに釣り下り2日目終了。

 

3日目
午前中は昨日調子のよかった川内の入川道から入ることに。


昨日良かった筋を通してみるも昨日と打って変わって鮎からのコンタクトありません。
全く釣り返しが効かない状況に迷走して午前の部終了。
別場所で釣っていた西浦は深トロで数を重ねていたのが、後々この旅の攻略法のキーとなることに。

午後の部は初日良かったトンネル横に入ることに。


午前中の迷走を払拭するため仕掛をザイト・メルファ複合メタルMH0.15から0.08号、ハリをスティングの7.5号4本イカリにチェンジ。
これが良かったのか、オトリの動きが格段に良くなり22~25cmの良型鮎の連続で反応してくれようやく一安心。
大きい鮎を釣りあげたい気持ち一辺倒だけでなく、状況やオトリの体力などに合わせた細かな仕掛合わせが大事だと思い知らされました。

 

4日目
4連休最終日は昭和小学校前へ。
ここ4日間で多くの釣り人で賑わっていたためポイントというポイントやメイン筋はすでに抜かれてしまい空き家状態。
シーズン終盤で新しい鮎の供給も少なく、天然遡上河川とあって一度抜かれてしまったポイントには中々次の鮎が付きにくいとこの3日間で思い知ったので、最終日は思い切って普段皆さんがやらないであろうドチャラ瀬や分流、手返しの悪い深トロの平瀬などにオトリを入れてみるとこれが大正解。

ポツポツながら掛かってくる鮎はみな飛びつき鮎や居つき鮎の25cm前後の良型鮎が背掛かりで掛かってくれます。

午後からは大正地区の梼原合流点に移動し、ここでも深トロの岩盤狙い。
よく見ると尺ちかくはある大鮎の姿もチラホラ見えたので念のため一角ハイパーのダブチョウ9号にチェンジ。

うまく岩盤を通過できるとギランと水中でミラーボールのようはじける大鮎のヒットは何度味わってもたまりません。
結局、日没後まで鮎の反応はよく最終日は気持ちよく納竿することができました。

2020年友釣りシーズンも残りわずか。
残り少ないシーズンを大切に友釣りを楽しみたいと思います。

 

釣行日
2020/09/19-22

使用タックル
竿:急瀬10m
天井糸:フロロ2.0号
水中糸:ザイト・メルファ複合メタルMH0.08~0.15号
中ハリス/ワンピース:ザイト・磯フロロ1.5~2号 50cm
鼻かん:マーク鼻かん 7~7.5号
サカサ:一体フックサカサ速攻 2~4号
背バリ:カッパ極2~4号 チチワ式2~2.5cm
ハリ:大鮎狐8.5~10号/2本ヤナギ、一角ハイパー9号/ダブチョウ、スティング、一角、秀尖4本イカリ7.5号

 

スタッフ 藤岡裕樹