インストラクターブログ

Blog

徳島市津田一文字のタンコブゲーム

みなさんこんにちは、スタッフの平松です。
今回はスタッフ西浦から徳島県鳴門方面にコブダイがたくさんにいるという情報を聞いたので、2/23にタンコブゲーム調査をしてきました。

釣り場は鳴門周辺で、朝まずめから10時頃まで場所を変えつつアタリを待ちましたが、反応もなく風が強すぎたため、まともな釣りは難しい状況。
このままでは帰れないと思い、徳島市津田海岸町の沖合のある津田一文字に移動することにしました。

渡船はサンライズ渡船さん。
運航時間が決まっていなかったため、11時半頃に渡ることとなりました。
船長さんに津田一文字についてお聞きしたところ、魚影が濃く、チヌや青物、また砂地なのでキスも狙えるという情報をいただくことができました。
コブダイは狙う方がいないとのことなので、これはチャンスだと思いました。

釣り場に到着後、潮が流れていない白灯台で竿を出すことに。
すぐにオキアミボイルを撒いて、コブダイを寄せている間に竿の準備をしました。

竿は、硬めのショアジギングロッド。
モンスターコブが来たとしても走りを止められるようにPE3号、ハリスフロロ12号、虫ヘッドパワーのガッチリな仕掛け。

虫ヘッドパワー2gにカキを使い、12時半に早速アタリました。
ラインが左に走り、右側にあるテトラに入られないように気を付け、モンスターコブが浮いてきましたが、まさかの沖に走らせてしまい、そのままドラグが止まることなくバレてしまいました。

気を取り直して待っていると、13時頃に同じところでアタりがあり、何とか釣り上げることができました。
顎が長かったため上手く測ることができませんでしたが、虫ヘッドパワー4gで75~78㎝ぐらいのモンスターコブでした。


それからアタリが無くなったので、場所を変えて潮が流れていない赤灯台で狙うことに。
3、4分おきに撒き餌をし続けていると、15時半にアタリ、
ドラグが出ないようにガチガチにしていたのですが、どんどん出て10mぐらい横に走られて、必死についていって釣り上げることができました。
虫ヘッドパワー6gで80㎝ピッタリのモンスターコブでした。

イメージ通りに釣り上げることができ、とてもうれしい一匹。
16時に迎えの便がきたので釣りを終えました。

初めて徳島県でタンコブゲームをしましたが、まだまだ隠れポイントがあると実感。
またどこかで狙ってみたいと思います。

ロッド:ショアジギングロッド
リール:スピニング6000番
ライン:PE3号
リーダー:フロロ12号/2ヒロ
虫ヘッドパワー:2~6g
エサ:カキ

スタッフ 平松大輝