インストラクターブログ

Blog

強風の青野ダムでのバス釣り

こんにちは。
スタッフの喜多です。
11月10日(土)は秋深まる青野ダムへバス釣りに行ってきました。

今回お世話になったのは青野ダム唯一のレンタルボート屋さん、アウトドアハウスアオノさんです。
おかっぱりでは何度か訪れたことはありましたが、ボートでは初めてだったので、事前に情報をお聞きしたところ、水深6mラインのワカサギについているけど、ここ最近、暖かい日が続いていたため、ワカサギが散っていて簡単ではないとのこと。
風も強くなる予報なのでこれは厳しくなりそうです。(汗)

出船後、まずは魚探でワカサギの群れを探していきます。
聞いた通り、群れはまばらで、いたるところに反応があったので、ディープクランクで広くサーチしていきます。
すると風裏になっている水深4m付近で『コンッ』と反応あり!!
うれしい本日初フィッシュとなりました。



リアフック1本でしたが、STX-38ZNがいい仕事をしてくれました。

日が昇るにつれて風が強くなってきたため、水深6~10mをメタルバイブのリフト&フォールの誘いに切り替えると、リフト中に『フワッ』とラインテンションがなくなったので巻きあわせをいれるとフックアップ成功。
あがってきたのは、かわいいニゴイちゃんでした。

使用フックはSD-36
バスはもちろん、ソルトでもご使用いただけるスタンダードなダブルフックです。
これからの時期、メタルバイブの釣りに重宝します。

お昼の小休憩を挟み、風裏でワカサギが絡む5~6mラインを3.5gのダウンショットで探っていきます。
すると、『コッ』という小さなアタリ。
ラインが走るのを確認してフッキング。
大きくはないですが、ワカサギを大量に食べていそうな腹パンパン君を追加することができました!!

バマスフックが上顎をしっかりとらえていました。
ピュンリグだけでなく、ダウンショットにもオススメのフックです。
また、シンカーはワカサギ時短オモリのハリス止めをカットしたものを使用しました。
初めて使用しましたが、感度もいい感じでした。

その後、スタッフ中川もカーリーテール系の直リグでアタリはあるもののフックアップにはいたらずに終了の時間となりました。

さびしい釣果となりましたが、パターンをつかめれば連発も望めそうなので、今後、通っていきたいと思います。
これからますます寒くなりますが、ワカサギパターンはまだいけますので、みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

使用タックル(ディープクランク3.8m)
ロッド:ベイト 7フィート #MH
リール:ベイトリール ハイギア7.0
ライン:フロロ16lb
フック:STX-38ZN #2

使用タックル(メタルバイブ 3/8oz、1/2oz)
ロッド:ベイト 7フィート #M
リール:ベイトリール ノーマルギア6.2
ライン:フロロ14lb
フック:SD-36 #8、#6

使用タックル(ダウンショット)
ロッド:スピニング 6.3フィート #UL
リール:スピニングリール #2500番
ライン:フロロ3.5lb
フック:バマスフック#4
シンカー:ワカサギ時短オモリ 3.5g
ワーム:リングテール系 2.9インチ

スタッフ 喜多 祐樹