インストラクターブログ

Blog

チャーターボートで狙う大阪湾の船ヒラメ

こんにちは!スタッフ大東です。

今回は大阪湾で狙うヒラメ!
お取引先様にお誘いいただき、チャーターボートにて出撃してきました。

まず初めに餌のアジを釣に行くのですが、今年は餌となる小アジが非常に少なく、大苦戦。
ベイエリアの実績ポイントをテンポよく探っていきます。

この餌釣りが、その日の釣果を左右する重要な作業になるので、サビキの擬似の種類など、こまめに変えて反応を探ります。
この日は結果的にピンクスキンが正解でした。
約2時間かけて、1人10匹〜15匹のアジを確保出来たので、ヒラメポイントへ移動。

使う仕掛けは今年発売した、『掛かっちゃうヒラメトリプル』
親バリが孫バリの方へ移動して、勝手に掛かってしまうと言うアイテム!

親バリから孫バリ間はハリスがWラインになっており、ヒラメの歯による切られを防ぐスグレモノ!

それでは早速ヒラメ狙いスタートです。
水深は10m〜30m、オモリ40号。
仕掛けを着底させて、とりあえず1m程仕掛けを上げて待ちます。

早速、竿が海面にズドーン。
上がってきたのは、マルマルとしたハマチ。
ライトタックルなので楽しいのですが、今日はお呼びじゃありません。

同船のメンバーにも、ハマチがヒットしたのでポイントを見切り移動。
アジをつけ直して投入。

竿先がブルブルと震え、その後竿がモタレます。
ヒラメが餌を咥えているのですが、強い引込みは無く、アワセのタイミングが難しい・・・

船の揺れに合わせて竿を上げ下げしつつ離されない様に注意します。
待っても中々引き込まないので、そーっと竿を上げて餌を逃げるイメージを演出。
すると、ググッと重みが乗ったのでフッキング。
上がって来たのは50cmクラスの良型。

孫バリが口の中にしっかりフッキング。
本来なら歯によるハリス切れも心配される掛かり方ですが、ハリス部分がWラインなので問題無しでした!

続けて反応が無かったので移動。

移動後、同サイズをもう一枚追加。
こちらも、孫バリフッキングでしたが、問題無く上がってきました!

その後は当たりは有るも掛られず・・・
どうやら喰いが浅かったようで・・・と言い訳を・・・

この駆け引きがたまらなく楽しいヒラメ釣り。
関西で楽しめる船、シーズンは限られますが、また挑戦したいと思います。

 

■釣行日 11月15日

■タックル
竿:タイラバロッド
リール:小型両軸リール
メインライン:PE0.8号
リーダー:フロロ5号
オモリ:40号
仕掛:掛かっちゃうヒラメトリプル 12-5

 

スタッフ 大東哲也

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE