インストラクターブログ

Blog

ケンサキイカを釣りたいと言う両親をエスコート

こんには!スタッフ大東です。
7月に入り、いよいよ夏本番!
ここ数年で夏の釣りと言えば、タコ、イカと軟体系のターゲットと戯れる事が多いですが、今年の夏もやっぱり軟体系!という事で、行って来たのは『宮津ディスカバリー』さん。
こちらの船は冬にオモリグでのヤリイカ狙いのロケでお世話になり、今回はケンサキ狙いでお世話になりました。

その時の模様はこちら

今回は、ケンサキイカを釣りたいと言う両親をエスコートして釣らせると言う親孝行企画。
とりあえず、普段餌釣りしかしていない両親には細かい誘いは難しいと判断して、オモリグをしてもらう事に。

この日は前日の、大雨の影響で海は凄まじい濁りと強烈な二枚潮。
水深も70mと初心者2人には厳しめの条件だったので、仕掛は『からまんオモリグリーダーシングル』+『Draw4ストロングポイント』をチョイス。

明るい時間に、釣り方をレクチャーし、私は『イカメタルの基本100cm』+『レベルスッテ20号』でスタート。
水深40〜10mまで魚探は真っ赤と言う事で期待しましたが・・・。

当たりはあるのですが、掛かりません。
犯人は小鯖。
誘えば、誘う程小鯖が反応します。
小鯖のタナを外し、底から40mまでを探りますが、全く反応無く苦戦。

その横で初挑戦の2人は、ポツポツと掛けています。
聞くと、小鯖反応の中で釣っている様子。

イカメタルで、細かく誘うと小鯖が凄まじく反応するので、オモリグに仕掛を変更。
鯖の反応を避けるべく、ダーク系のエギをチョイスして再開しましたが、この判断が大失敗。
更に沈黙が続きます。

後々、気づいたのですが、イカの群れは少ないものの活性が高いパターンで、派手目のオレンジやチャートのエギで、活性の高い個体を少ない群れから効率よく抜いていくのが正解パターン。
誘いも細かく早い誘いではなく、大きなシャクリを1回〜2回でステイ。

これに気付くまで、4時間を要しましたが、残り2時間でプチラッシュ。
濁りの影響でゴールドの下地に反応が良かったのかなとも思います。

やはりカラー、誘いパターンがハマるとオモリグは強い。
初挑戦の2人も自分で誘って、タナを探って釣るので、「自分で釣った」と言う感覚が楽しかった様で、次回釣行もリクエスト。
リベンジ決定となり、熱い夏はまだまだ続きそうです。

■使用タックル
ロッド:オモリグ専用用ロッド
リール:スピニングリール3000番
仕掛:からまんオモリグリーダーシングル 100cm
オモリ:20号〜30号
エギ:Draw4ストロングポイント 
   #27オレンジスターUV
   #19アップルアンゴー
   #205赤エビ

   Draw4 2.5号#13チャートエビ
   
スタッフ 大東哲也

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE