インストラクターブログ

Blog

宇和島ライトゲーム&グレ

こんにちはスタッフ渋谷です。
今回は、三連休を利用して友人達と宇和島でライトゲーム&グレ釣りをしてきました。

出発は、友人達と兵庫で夕方集合し、そこから5時間かけて宇和島に向かいました。

予定プランは、
(金)晩到着後朝までメバル・アジ
→(土)朝から矢が浜でグレ釣り
→帰港後少し仮眠をとって(日)朝まで三浦半島でメバル・アジ
→松山へ移動泊
→(月)四国観光しながら帰宅
というこのメンバーになるといつも睡眠不足の満喫プランです笑

金曜の晩に宇和島到着後、釣具屋さんでグレ釣り用のマキエを作らせてもらい、三浦半島に到着したのは、2時頃です。

渡船屋さんの出船時間は6時半だったため4時間ほどの実釣時間ができました。

まずは時間に限りがあるので、実績場を回っていきます。

まずは、去年このメンバーで爆釣したポイントに。
到着するとパシャパシャっと何かがライズしています。
すぐに答えが帰ってきました。

ライズの正体はアジでした。
丸々とした宇和島らしいアジをみんなで堪能し、移動することに。


次のポイントは何も反応なし。
三ヶ所目に移動します。

ここは先月もメバルが釣れたポイントで期待感があります。
とりあえず、遠投し表層を探っていきます。
次に表層では反応がない為、藻と明暗の際をなぞるように丁寧に引いてきます。
すると一匹目の黄金メバルがヒットです。

ボッコウも良型が次々ヒットします。



ひとしきり楽しんだところで、タイムアップ。
矢が浜に移動します。

次は沖磯でグレ釣りです。
若林渡船さんにお世話になりました。

上がった磯は、アカバエです。

この日は超強風でラインメンディングが大変でした。

まずは、浮き止めなしでやってみますが、釣りにならないほど、風で仕掛けが流され仕掛けが馴染まず。

ここで浮子止めを入れ、ガン玉を追加。
さらにフロロの2号を10メートルほど先糸に入れ、フロロの中で仕掛けを作ることにします。
鈎も身軽グレの7号から重めの拳グレ7号に変更し、強引に浮子ごと沈めて仕掛けを馴染ませていきます。

しばらくサシエが残るような状況でしたが、この釣り方でなんとかグレを釣ることができました。



その後しばらくアタリがない時間が過ぎます。
風が弱まるタイミングがあったので、鈎を身軽グレに戻し、ゆっくりと誘うことに。

これでまた追加のアタリを出すことに成功です。



メバルやウマヅラもゲット。
このあともポツポツとグレを追加し終了に。

強風時にPOシャクスタンドTYPE2のロック機能や、POマキエバッカンTYPE2の大ポケットが活躍してくれてストレス少なく釣りができたと思います。


POマキエバッカンTYPE2の大ポケットは、風で飛ばしたくないものや、糸屑など、さっとしまえるので便利ですよ。

帰港後は夜に向けてポイントの下見をし、仮眠をとることに。
晩からはお楽しみのメバリングです。

下見したポイントを何ヵ所か周り、アジが遊んでくれます。



今年の宇和島メバルは付き場がピンポイントで少し外すとなかなか釣れてくれないみたいです。
アジにひとしきり遊んでもらったので、昨日のメバル実績ポイントに移動します。

やはりここにはメバルがいるみたいです。
まずまずのメバルをゲットです。




ここで、今回イチの大物が登場します。
ドラグを鳴らし良く引いていました。

友人が今回イチの大物を仕留めました。

アジ弾丸1.5g使用
中軸のジグヘッドなので、尺クラスの強烈な引きにも安心です。

今回目標だった尺にあと少しの泣き尺29センチ。
背の肉が盛り上がったカッコいいブルーバックでした。

表層引きで沖の明暗の境で突き上げてきたとのことでした。

これを聞いて際ベッタリの居着きではなく、回遊してきたものと予想し、みんなでひたすら投げ続けましたが、その後アタリはなく、眠気もピークに達してきたのでストップフィッシングとしました。

そのあとは仮眠をとり、松山に移動。
ホテルでゆっくり休み、次の日は城や丸亀競艇などの観光、さらには各地のグルメを楽しみながら帰宅しました。






友人達には、西予市のお寿司が特に好評でした。

釣りあり、グルメありの四国釣り旅行は本当に楽しいです。
みなさんもぜひ釣旅行を満喫してみて下さい。

スタッフ 渋谷強志