インストラクターブログ

Blog

琵琶湖の春探し

こんにちは。スタッフの中川です。
お寒い中、横浜釣りフェスタ、フィッシングショー大阪にご来場いただきました皆様ありがとうございました。

オーナーばりブースにも沢山の方に来ていただき、製品紹介を通して、皆様のご意見、普段の釣り方等、私も様々なことを学ぶことができました。今後の活動や製品開発に役立たせていただきます。
各地フィッシングショー、まだまだ続きます。ご来場の際は、オーナーばり・カルティバブースにもぜひお気軽に遊びに来てください。

さて、今回はカルティバフィールドテスターの杉戸繁伸さんからお誘いをいただき、2/15(土)、琵琶湖の春を探しに行ってきた時のレポートとなります。
今冬は例年に比べ暖かく、2月とは思えないような日が続いています。2/13に杉戸さんが湖上に短時間でた時にも、水温は10度を超え、ダブルフラッシュスピンでアタリがあったとのこと。この日の最高気温は、15度で風もあまりない予報。春爆もあるのでは!?と甘い気持ちで9時前出船。

ところが、水温は数日前より下がっており、10度を切っていました。
とりあえず、水中の状況を知るために、杉戸さんは春の定番スイムジグ、数日前にアタリがあったダブルフラッシュスピン、バイブレーション等”巻き”を中心に探っていきます。
私は、DT-36BCドレストリプルをセットしたバイブレーションで巻きやリフト&フォール、ジャークベイト、メタルバイブレーションでリアクションを狙ってみますが反応なし。

地形変化もあり、ベイトもいる。バスは間違いなくいるだろうが、巻きへの反応が悪い。
そこで、杉戸さんはボトム狙いに変更。ジャスターフィッシュ4.5″+スウィングヘッド1.4g。釣りを開始して2時間。やっとこの日の1本目がヒットします。

ボトムのウィードに引っかけて、シェイク&ステイでヒットとのことでした。
その後、南湖全域のポイントを広くランガンし、水の濁り具合や水温等をチェックし、本格シーズンインに向け準備を進めていく杉戸プロガイド。
午後からは水温も上がりだしたので、春らしい釣りを再開。あるポイントに着いた時に、「この場所は、いつも春が早いんや」と一言。すぐにスイムジグでヒットします。

私も春の定番ミドスト・ボトストに変更。ジャスターフィッシュ4.5″+スウィングヘッド1.4g。ボトム付近をゆっくりロールさせ、ウィードに引っかけてはステイの繰り返し。ところが、反応なし。スイムジグで釣れているので、ゆっくりボトム付近を探るよりも、若干早めに巻きながら、中層からボトム広く探ることに。当初、1.4gのジグヘッドのまま行っていましたが、ボートが進むスピードとこの時のリーリングスピードでは浮きすぎてしまう。ボートの進行速度に合わせて、リーリング速度を落とし、ルアーのレンジを合わせるよりも、キャスト数を増やして、ルアーを通すコースを少しずつ変えていきたかったので、ジグヘッドを1.8gへ変更。
中層を意識しながらロッドを小刻みにシェイクしていると、コツッと明確にバイト。フッキングし、上がってきたのは、春らしい体高のビッグママでした。

さらに同様の攻め方で40アップを追加。

この場所で粘ったら、さらに釣れそうでしたが、シーズン開幕に向けたポイント探しがメインなので、他のポイントも見てみることに。ポイント移動を繰り返し水温・濁りをチェック。濁りのあるところでは、ダブルフラッシュスピンやチャター等、波動の強いルアーも試してみましたが反応なし。
終了間際に、午後に良く釣れたポイントに戻って、杉戸さんが1匹追加し納竿となりました。

午前中は苦戦しましたが、水温が上がりだしてからは、春定番の釣り方に好反応でした。今冬は暖かいので、バスの行動パターンが例年より早い気がします。
琵琶湖だけでなく、野池でも魚は動き出しております。2/11(火)に野池で釣りをした際にも、水深2mくらいのところで、ジャークベイトで1匹釣れました。

バスフィッシングにおいて、春は1年で最もデカいサイズが釣れやすい時期です。デカバスのキャッチ率をあげるためにも、オフシーズン中に使用していないルアーのフックをもう一度ご確認ください。ハリは魚との唯一の接点。自己記録がでやすいこの時期だからこそ、いつも以上に気にしていただいて、最高の状態で、記憶に残る1匹を狙っていきましょう!

■使用タックル(ミドスト)
ロッド:スピニング6ft3inch L -S
リール:スピニング 2500番
ルアー:ジャスターフィッシュ4.5″
フック:スウィングヘッド 1/16oz(1.8g)
ライン:PE 0.6号
リーダー:磯フロロ#1.25号(5lb)

■使用タックル(ジャークベイト)
ロッド:ベイト6ft4inch ML
リール:ベイト ハイギア
ルアー:110㎜ ジャークベイト
フック:ST-36MF #6
スナップ:クイックスナップX#1.5
ライン:フロロ10lb

 

スタッフ 中川大輔