インストラクターブログ

Blog

晩秋の青野ダム釣行

みなさん、こんにちは。スタッフの喜多です。

朝晩の冷え込みがだんだんと厳しくなってきて水温も日に日に低下し、いよいよバスフィッシングにとっての厳しいシーズンも近づいてきましたね。

さて、今回は秋の荒食いを期待してスタッフ奥野と青野ダムレンタルボート釣行した際のレポートになります。

 

お世話になったのはアウトドアハウスアオノさんです。いつもありがとうございます。

準備を済ませ、6時30分スタートフィッシング。

 

まず朝一は巻物で流すことに。私はディープクランク、奥野はチャターベイトで広範囲にサーチしていきます。

下流域~中流域の岬周辺、カバー周りを一通り流しましたがノーバイト。

ひとまず、巻物の展開をあきらめ、魚探を駆使してベイトと地形変化がリンクするポイント狙いに変更してみることに。

 

しかし、この日はなかなかバイトを得ることができずにあっという間にお昼前…。

魚探をみながら、上流域までボートを進めると、ようやくベイトと地形変化がリンクするエリアを発見。水深5m~6mで立ち木やハンプなどが点在しており、ベイトも豊富。

そこで、ジャスターフィッシュ2.5+バマスフック #6のダウンショットで攻めてみることに。

 

すると、バスではない反応(後にギルと判明)が…無視していると同じようなアタリ…しかし、今度はラインがゆっくりと走ったのでとりあえず、フッキング。

フックアップ成功!!アベレージサイズではありましたが、GOODコンディションのバスをようやくGET!!

 

今回のアクションはボートが風で流されるのを利用したズル引き&ステイ。

そして、ストラクチャーを感じたら軽くスタッグさせ、シェイク→ステイの繰り返し。

ジャスターフィッシュはダウンショット使用時にラインを張ると、低比重マテリアル採用のワームなのでテールが垂れることなく、まるで本物の魚のような水中姿勢を保つため、ステイ時にもバスに違和感なくアピールしてくれます。

 

このパターンがハマってすぐにもう1匹追加。この魚もコンディション良好!!

 

さらに同じ攻めでドーーーンときました!青野ダムでの自己記録更新となる体高MAXの47cm!!

 

この時期の青野ダムのバス達はワカサギをたくさん捕食しているとのことなので、ワームのカラーもワカサギに近い‘桜ブルー’を選択しました。

途中、瀕死のワカサギを発見。ジャスターフィッシュ2.5と比較してみると、まさにマッチザベイト!!

 

前回の東条湖釣行の際にマッチザベイトの大切さを認識していたのが今回の釣果につながりました。

その後、青野ダムの有名ポイント、水中島付近で1匹追加してストップフィッシングとしました。

 

秋の荒食いとまではいきませんでしたが、納得のいく釣果となりました。

みなさんも青野ダム釣行の際にはマッチザベイトのジャスターフィッシュ2.5をタックルボックス内に忍ばせていくと釣果につながるかもしれませんので、動画などでアクションを確認していただき、店頭でみつけた際は手にとってみてくださいね。

 

【タックルデータ】

・ダウンショット

ロッド:スピニングロッド 6.6ft #UL

リール:スピニングリール 2500番

ライン:フロロ5lb

リーダー:磯フロロ 4lb

ワーム:ジャスターフィッシュ2.5#桜ブルー

フック:バマスフック #6

シンカー:タングステンシンカー 2.6g

撚り戻し:Wクレン 22号

 

スタッフ:喜多 祐樹