インストラクターブログ

Blog

一筋縄ではいかない船太刀魚テンヤ

こんにちは!スタッフ大東です。
またまた、船太刀魚テンヤのレポートです。

開幕から好調な大阪湾の太刀魚ですが、釣行日がお盆休み最終日なので、台風10号の影響がどうなるかと思っておりましたが、やはり釣果が急失速。

あわせて大潮と、条件的には厳しい予想でしたが、結果は如何に!?

お世話になったのは須磨港より出船の『盛和丸』さん。

朝6時!いざ出船です。

台風&大潮の影響で濁っているであろう事を考え、まずは3カラーをローテーションしながら反応を伺います。

【グロー 】
言わずと知れた、太刀魚大好き万能カラー

【パープルピンク(ケイムラ)】
シルエットの出易いパープルカラーで、ケイムラのアピール

【赤金】
シルエットの出易いカラーでノン発光タイプ

濁りが強いと予想し、濁りの中でもしっかりとテンヤの存在が、わかるものをチョイス。

グローやケイムラ等、アピールが強い物を嫌う事があるので、ノン発光タイプのモノも合わせて試します。

 

ポイントは須磨沖の60mライン。思っていたより表層に濁りは無く、いけるかな?と思いながらスタート。

前回の釣行で、短い誘いにしか反応しなかったので、1/2回転のストップ&ゴー(リール半回転して止めてアタリを待つ)でアタリ棚を探します。

先ずは、底からスタートするも、ひと流し目はアタリを出せず終了。

2流し目。同じ様に探ると、底から15m~20でコツンときました。

スタート時、船長のアナウンスで、『ここ最近バレ易いから慎重に』とあったので、しっかり食わせてから、掛けようと、食い込むアタリが出るまで、追わせます。

しっかり食わせた所でフッキング!
上がって来たのは指3本クラス。今シーズンのアベレージよりだいぶ小型。

次はサイズアップを狙い、少し棚を下げて探ります。

今度は、底から10mの所でコツンとアタリ
今度も、しっかり食わせてドン!
指4本クラスの良型です♪

それでも掛かり所は悪く、喰いの渋さを物語っています。

その後もポンポンとゲット出来たので、楽勝かと思われましたが、ここからピタリとアタリが止まり長い沈黙が・・・・

 

隣のアングラーさんは、完全ステイの釣りで時折釣られています。

スローなパターンを色々試しますが、反応無く、半ばやけくそで、早い誘いを入れると、あっさりアタリがでました!

しかし追いかけて来る様子は無く、単発のコツンというアタリのみ。

何とか追わせようとしますが、全く追わせられず、誘いで、カウンター気味に掛かった1匹を追加して納竿となりました。

今シーズンは、大型の太刀魚が多く、かつ産卵も絡んでくるので、攻略するのも一筋縄ではいきません。

引きも強く、掛かり所が悪いと、口切れやすっぽぬけ等のバラシが多発します。

7:3の柔らかい竿を使ったり、手巻きリールを使ったりと対処法はありますが、テンヤでもバレを何とか出来ないかと考え設計したのが、『掛獲船太刀魚テンヤ』です。

こういった、厳しい状況下での貴重な1本のキャッチ率を少しでも、上げられればと思います。

皆様是非お試し下さいませ!

 

スタッフ 大東哲也