インストラクターブログ

Blog

気難しい初夏の七色ダム釣行

みなさん、こんにちは。スタッフの喜多です。

梅雨も来週から明けるとのことで、いよいよ夏本番が迫ってきましたね。

さて今回は7月13日(土)、14日(日)の2日間、スタッフ中川と七色ダムに釣行した際のレポートになります。

今回お世話になったのはTs-ONさんです。レンタルボート初心者の私たちにも丁寧に操船方法などを教えいただき快適に釣りを楽しむことができました。

まずは、13日(土)のレポートになります。

5時頃にスロープを出船し、まず向かったのは西ノ川。私は羽モノ、スタッフ中川はビッグベイトで最上流へ流していきますが、なかなかバイトが得られません。最上流にさしかかるにつれ、バスの姿もちらほら見えましたが、天才君ばかり…。最上流に見切りをつけ、本流筋に向かって下っている道中、私の羽モノにバイト!!

やせ気味ではありますが、長さのある40UPをGET。

使用フックは17日よりデリバリー開始となる新号数STY-35MFの#1/0、#2/0。

マジックフッ素を採用したことで貫通性を高めており、強度もしっかりあるショートシャンクのトリプルフック。

最大の特徴はなんと言ってもこの形状。2番フックと3番フックの間を通常の120度から150度にすることでフックの可動域を増やし、フッキング率を格段に高めてくれるため、フッキングがきまりにくい羽モノやビッグベイトにも非常にオススメのフックです。

また、ショートシャンクなのでフックウェイトも軽くでき、1サイズ大きなフックを使用してもルアーのアクションを活かしてくれます。

その後少し粘るもバイトはなく、移動することに。次に向かったのは西ノ川と北山川のインターセクション付近の立ち木エリア。

7.8インチロングカーリーテールワームの7gフリーリグで探っていると、気持ちいいバイト!!元気いっぱいのナイスバスをGET!!

使用したセッティングは瞬貫BC#3/0、ドロップショットシンカー7g、浮子ガード

フォールの間を長くとりたかったため、フックは細軸を使用して軽量化を図り、ノット保護には浮子ガードを使用しました。

この魚を境にバイトがなくなり、雨も激しくなったためこの日は終了。

 

14日(日)

5時頃にスロープを出船し、朝一は昨日1番水質のよかった西ノ川を選択。

私は羽モノ、中川は8インチスティックベイトでのゴミ打ちからスタート。

共に異常なし。この日は雨の影響か、どのエリアを回っても水質がよくありませんでした。厳しい雰囲気が漂い始めますが、諦めません。西ノ川には早々に見切りをつけ、本流筋の立ち木をランガンすることに。

これが功を奏して羽モノにバイト!!

あがってきたのは…かわいい子バス君…

このサイズでもフッキングがきまったことで、フックにこだわれば確実にキャッチ率があがることに確信を持てた経験となりました。

その後は倒木エリアでジャスターフィッシュ2.5のピュンネイルリグを使用しての数釣りを堪能。少しでも距離をとってアプローチしたかったので、ネイルシンカーで重さをプラス。フォールは若干速くなりますが、好反応でした。

あとから聞いた話、連日の雨で水温が低下し、これまでチャンネル沿いに固まっていた魚が散ってしまい、釣りにくい状況だったとのこと。

あらゆる状況に対応できるように引き出しを増やさないといけないなと思った釣行となりました。

冒頭にも申し上げましたが、夏本番が近づいてきています。暑い中、少しでも快適に釣りが楽しめるアイテムをご紹介いたします。

フェイスカバー

アームプロテクター

※新色が追加されます。

発売まではもうしばらくお待ちください。

 

【タックルデータ】

使用タックル(羽モノ 1.3oz)

ロッド:ベイトロッド7ft #MH

リール:ベイトリールHG

ライン:フロロ 14lb

ルアー:羽モノ1.3oz

フック:フロント STY-35MF #2/0 リア STY-35MF #1/0

 

使用タックル(フリーリグ)

ロッド:ベイトロッド7ft #M

リール:ベイトリール ノーマルギア

ライン:フロロ 12lb

ワーム:7.8インチロングカーリーワーム

フック:瞬貫BC #3/0

シンカー:ドロップショットシンカー 7g

クッションゴム:浮子ガード

 

使用タックル(ピュンネイルリグ)

ロッド:スピニングロッド 6.6ft #UL

リール:スピニングリール 2500S

ライン:フロロ 5lb

ワーム:ジャスターフィッシュ2.5 #57グラスフラッシュ

フック:バマスフック #6

シンカー:ネイルシンカー0.3g

 

スタッフ 喜多 祐樹