インストラクターブログ

Blog

隠岐の島春マサゲームTRUST

こんにちはスタッフ藤岡です。
今年も例年通りに楽しませてくれた山陰春ヒラマサもいよいよ終盤戦に差し掛かりました。
これからは産卵モードとなる個体が群れ単位で多くなる時期で一か八か非常に博打的なゲーム展開を強いられる時期です。
今回はそんな気難しいヒラマサを今シーズンの春マサ最終戦としてダメもとでチャレンジしてきました。

今回お世話になったのは2019年6月から就航されたばかりの島根県松江笠浦のTRUSTさん。   
キャプテンである林田船長は隠岐の島を中心に老舗遊漁船で経験、実績を積まれた名キャプテンです。
新しい船は50ftクラスの大型船で隠岐の島遠征や急な天候不良でも安心して快適に釣りを楽しむことが出来ます。

AM5時出船。
就航初日にふさわしく天気は快晴の中、隠岐の島に向けて船を走らせます。
道中2時間ほどあまりにも快適なのでウトウトとキャビンで過ごしているとあっという間にポイントに到着。
ファーストポイントから特に大型実績の高いポイントを朝一の時合と共に狙います。

最近の傾向ではトビウオの回遊が見られ、トビを捕食しているヒラマサは殆どが10キロを超す大型。
また鰤系も多いとのこと。それを避ける意味合いでも、まずは230mmの大型プラグを可能な限り超高速に誘います。

するとひと流し目から青物が飛び出ますが、残念ながら首ふりでフックアウト。
ヒラマサかどうかは分かりませんが、いきなりやってしまいました。

ヒラマサは特にプレッシャーが入りやすいので極力ミスは防ぎたいところ。
反省しながらも引き続き超高速でルアーを操作します。

 

ふた流し目はより根の中央気味を流してみると、前情報通り鰤系のチェイスやバイトが多発します。
これはこれで楽しいのですが、今回ばかりは大型ヒラマサに狙いを絞っているため極力鰤系が追わないスピードや深度、アクションを見極めつつ探っていきます。

この時、鰤系は小イカやシラスらしき遊泳力の低いベイトを捕食していたようで、パドルベイトやブルーフィッシュを低~中速で少し潜りながらウォブリングを強めに入れるが良かったみたいです。

一方、ヒラマサはなかなか反応が薄く、時折チェイスしてくるヒラゴ級は舞姫やダイブベイトを中~高速でワイドダートをさせるとたまにチェイスしてくる程度。
大型のヒラマサは中々姿を現しません。

船中、鰤キャストは十分に楽しんだところでポイントを大きく変え超実績場の道後水道へ。
到着すると、海鳥が多く旋回し青物のボイルも時折見受けられる瀬の中で運動会状態。
潮も逆潮ながら1.5ノットと走り、魚探反応はボトムから30mまではベイトで真っ赤っかの今日一番の反応です。

ここで私はジギングでボトムからのアプローチに切り替えます。
ジグは150gにフックは秋発売予定のブルーチェイサー6/0。

軽くキャストし、斜め引きでワンピッチを中心に時折バランス崩すと狙ったようにボトムでヒット!
ジガーミディアムチェイスの掛かり所を信用して、強引に根から剥がします。

かなり抵抗をみせヒラマサかと思わせた魚は、元気のいいマルゴでしたが掛かり所は狙った通り上あごを貫通。
ハリ屋的には満足できた1匹でした。

その後も、いい状況は続き鰤系やヒラゴらしきチェイスやバイトが続きますが、残念ながら大型のヒラマサは1度も顔をみせることなく時間一杯で納竿となりました。

これにて私の今シーズンの春マサ狙いは終了となりますが、またアフターの夏マサや秋の強烈な引きをみせる秋マサを狙いに足繁く通いたいと思います。

その頃にはジガーミディアムチェイスからブルーチェイサーやツインチェイサーなどのしっかり作りこんだアシストタイプの新製品も発売予定ですのでお楽しみに。

 

■釣行日 2019/06/02

■タックル
キャストタックル
ロッド:8ft 
リール:スピニング18000番
ライン:PE8号~10号
ルアー:ダイブベイト、舞姫ほか 200~240mm
フック:STX-68 4/0~5/0
その他:スプリットリングウルトラワイヤー#8~10

 

ジギングタックル
ロッド:6ft
リール:スピニング8000番
ライン:PE4号
ジグ:150g前後
フック:ブルーチェイサー6/0
その他:スプリットリングハイパーワイヤー#7

スタッフ 藤岡裕樹