インストラクターブログ

Blog

鳥取沖青物の激アツ期間

こんにちはスタッフ藤岡です。
今回の釣行は、プリスポーンの始まった鳥取沖のヒラマサ&鰤ゲームをご紹介します。
例年、鳥取沖では年中ヒラマサ&鰤は釣れますが、特にGW明け~下旬にかけての期間は産卵前の荒食いモードに入り激アツとなります。

ベイトもイカ類からマイワシやトビウオなど大型のベイトに切り替わり、それらにつられて10~20kgの大型ヒラマサも回遊します。
ただ非常に回遊性が高いのでこの時期しか狙えない特別な期間となっています。

今回お世話になったのは鳥取港のヤングバードさん
私は初乗船でしたが、事前に状況や船の装備品など細かで丁寧な説明をしていただき大変助かりましたので、不慣れな方や初めての方でも安心して乗船することが出来ると思います。

 

当日の出船は午前5時。
最近の傾向ではマズメ時しか、反応しないとのことなので、釣り人&船長も頑張って早朝出船となりました。
ポイントは鳥取沖の水深50~80mラインの漁礁群。
とにかく数が多いので、反応をみながらランガンで探っていきます。

当日の天気は快晴、北西の微風。 潮流は本潮0.5~0.8ノットと最高のコンディション。
否が応でも期待値は膨らみます。
釣り開始3ポイント目だったでしょうか?
一投めからジグに絡む前あたりをキャッチ。
するとすぐさまミヨシに居た2人のアングラーに同時ヒット!
気持よさそうなロッドの絞り込みをみせたのは、60~70cm級のヒラマサ。

私も続けと集中してジグ操作を行っているとボトムから15m付近でドスンとストライク。
重量からして先程のヒラマサよりは大きいと判断出来ましたが走りのストロークが直線的。
トルクフルな走りをみせてくれたのは、良型の鰤でした。

フックはいつものジガーミディアムチェイス9/0。
掛かり所も申し分なく、安心してファイトでき私のスタイルには無くてはならないフックです。

この時合の始まりで船上は一気にヒートアップしたのは言うまでもありません。
続いては、船のすぐ近くで大型魚のボイル発生。
前に居た二人がキャストすると見事にダブルヒット!

強烈な引きをみせて上がってきたのは90cm級のヒラマサとなんと16kgのブリヒラ。
鳥取でもここまで大きいハイブリッドをみるのは珍しいです。

このスーパー時合に乗り遅れまいと次の流し。
キャストすると着水ほどなくして豪快にヒラマサが飛び出します!
ガンガン突っ込むファイトに翻弄されながらも何とか寄せてあと少し。

あと2~3周まわしてネットインするだけでしたが、反転時にハリがポロッと外れてさよならとなってしまいました。
いつもながら詰めが甘いなと反省します。

まだまだ続くかとおもったスーパー時合も3流しで終了。
船長の言うようにマズメ時の一瞬だけ活性が上がるようです。

次の時合は夕方。
それまでは漁礁群をランガンでチェックし、リアクションで反応させるテクニカルな展開へ。
こちらでは前回同様のカタクチ&小イカパターン。
なかなかジグの動きやスピードにセレクティブなので、ばっちり合わしていかないと口を使ってくれない状況が多いです。

この日もまさしく激渋パターン。
簡単に喰ってくれないので、有りとあらゆるジグやカラーで魚の反応を見ていきます。
フックセッティングはジガーミディアムチェイスの6/0ダブル&シングル。
先程までの高活性時と打って変わって、吸い込み重視のセッティングに変更します。

前回同様、この日も直線的な動きに反応がよく、130gのジグをフルキャストしなるべく横引きしながら
リーリングの強弱とスラックなしの首ふりだけのアプローチでヒラマサが面白いように連続バイト。

激渋状況の中から、考え引き出した魚はサイズとわず嬉しいものです。

そうこうしているとあっという間に時間は過ぎ、いよいよ夕方のマズメ時が始まります。
朝に調子のよかった漁礁群に狙いを付け、魚の反応を伺うといきなりチャンスは訪れます。

まずは前の2人のアングラーに鰤のWヒット。
続けとばかりに朝に良かったアプローチに切りかけると中層で一瞬テンションが抜けてからのドスン!
気持ちい当たりをみせてくれたのは良型の鰤でした。

このあとは朝と同様、毎流し鰤がヒットするスーパー時合いに突入!
朝と違い、中層にプランクトン類が発生→濁りが出たため鰤が高活性したようです。
このおかげで3~4連続立て続けの鰤とのファイトを十二分に堪能し満足で帰港となりました。

さてこの鳥取沖のスーパー激アツ期間は今年の潮だと5月いっぱいまでチャンスは続くかと思われます。
ぜひ皆さまも鳥取沖のヒラマサ&鰤ゲームを堪能されてみてはいかがでしょうか?

 

■釣行日 2019/05/10

■使用タックル
ジギング
ロッド:デュアルエッジ2~3パワー
リール:スピニング8000番
ライン:PE3~4号
ジグ:130~180g
フック:ジガーミディアムチェイス#6/0~9/0
パーツ:ソリッドリング、スプリットリングハイパーワイヤー

キャスト
ロッド:エクスプロージョン804
リール:スピニング14000番
ライン:PE4号
ルアー:ダイブベイト、パドルベイト140
フック:STX-58#1~1/0

スタッフ 藤岡裕樹