インストラクターブログ

Blog

熊野灘のキハダゲーム

こんにちはスタッフ藤岡です。

今回向かった先は、三重県尾鷲市でのキハダゲーム。

今月4月に入ってから黒潮の分流が熊野灘差し込み、30~50キロクラスのキハダやビンチョウマグロ、カツオが大量に押し寄せているとの情報をキャッチ!


連日、大型のキハダがヒットする状況に、思わずバイト。
単身で熊野灘のマグロゲームに挑戦してきました。

今回お世話になったのは尾鷲市のスプラッシュさん。
経験豊かな船長さんです。

当日は、朝5時出船。
最近まで順調だった南エリアは、3日前の時化で魚が移動したらしく、今日は東エリアの志摩沖の海溝筋を狙います。

最近の傾向ではカツオやビンチョウマグロのナブラは多く発生し、その際で誘い出すとキハダが飛びつくことが多いとの事。

キハダ狙いなのでPE8号、大きめのルアーが効果的とのことなので230~240ミリのウッドプラグにSTX-68の#5/0をセットして万全の体制で挑みます。

目的地の志摩沖までは2時間弱ほど掛けながら鳥やカツオナブラ、潮色などを見ながら到着。

ここからは海溝伝いに、巡航し、ナブラ打ちに備えますが…。

キハダどころか昨日まで好調だったカツオやビンチョウマグロのナブラもなく、漁師さんですら壊滅状況。

船長も必至になって探し回ってくれますが、一向に魚は頭をあげません。

僚船団で情報を共有するもどの海域もさっぱりのようで成すすべ無し。

よくあるマグロあるあるのパターンにハマってしまっようです。

私たちも同船者の皆さんでナブラを探しますが、無情にも時間だけが過ぎていき、気付けば夕方の3時頃。

諦めモードが漂う中、漁師さんからの目撃情報を頂いてポイントへ急行します!

ポイントにつくと潮目に鳥山に散発するナブラ!
どうやらカツオのようですがこの状況からすると最後のチャンス。

船長からもカツオを狙って下さいとの事なので、PE2号タックルに投次郎50gの居付キビナゴ+ST-66の#1をセット。

タングステン並みのコンパクトシルエットに高速リトリーブ対応なので、小型ベイトのナブラ打ちにはオススメです。

キャストを開始すると早速ヒット!
2キロクラスですが、綺麗なブルーバックに見とれてしまいます。

この後も何度かチャンスがあり、同船者の皆さんと最後はワイワイ楽しめて納竿となりました。

今回はいい状況に巡り会えなかったものの、大物釣りとはこんなものです。
釣れなくて当然、釣れたら一生モノの魚を相手にしているのですから、この日の経験を糧にまたこの熊野灘に挑戦したいと思います。

本来なら熊野灘のキハダシーズンは6~9月と11~12月の2シーズン。
いずれも国内では最大級のキハダが釣れるとんでもない海となっています。

ぜひ皆さんも夢とロマンを求めて、熊野灘マグロゲームに挑戦されてはいかがでしょうか?

■釣行日…2019/04/13

■キハダタックル
ロッド:8ft エクスプロージョン7パワー
リール:スピニング 18000番
ライン:PE8~10号 300m
ルアー:ウッドプラグ230~240mm
フック:STX-68 #4/0~5/0
パーツ:スプリットリングウルトラワイヤー#9~10

■カツオタックル
ロッド:8ft
リール:スピニング8000番
ライン:PE2号
ルアー:投次郎 50g
フック:ST-66STX-58 #2~1
パーツ:スプリットリングハイパーワイヤー#6

スタッフ藤岡裕樹