インストラクターブログ

Blog

恒例の海上釣堀釣行

こんにちは。スタッフの今永です。
今年も残すところ僅かになりましたが、2018年最後の釣行予定はすでに決まっていますか?

私はこの連休を利用してスタッフ数名と兵庫県姫路市 家島の 『海の釣堀 海恵』さんにお世話になり、海上釣堀を楽しんできました。

姫路港に船で迎えにきていただき、家島にある釣り堀まで渡してもらいます。

当日も120人乗りの超大型船2隻に来ていただきました。
大型船で揺れも少なく、またキャビン内も広々としていますので、船に慣れていない方でも安心です。


超満員でした。

一斉開始の合図までに仕掛のセットを行います。
まずは真鯛狙いで『海上釣堀セット 喰い渋りマダイ』や『海上釣堀セット 真鯛チャレンジ』などの仕掛をセットし実釣開始。

朝の高活性のうちは次々とマダイをキャッチ!



時折、イエロー系のエサとマダイより少し上の棚で美味しいシマアジも。

マダイやシマアジを堪能したところでお待ちかねの青物放流タイム!
この青物放流タイムでは放流された青物に触発されるようにすでにイケスの中にいた青物の活性も同時に上がり、活発にエサを追うようになるのでチャンスタイムです。

セット一発釣堀のませ仕掛』や『海上釣堀セット 青物チャレンジ』をセットし、まずは活きアジで狙います。

すると丸々と脂の乗ったメジロ~ブリサイズが連発♪

活きアジにスレたところで、内臓を少し潰した冷凍イワシを投入すると

カンパチキャッチ♪

と、ここまでは順調でしたが、潮の加減やイケスへの日の当たり方で急に渋くなることもあるのが海上釣堀。
急に当たりが少なくなってきたので、エサのローテーションや鈎、ハリスの交換などで試行錯誤。

ザ・ロック』+虫エサで少し日陰になっていたネットの角を入念に誘うと、、、
石鯛サイズといってもいいぐらいの良型サンバソウ♪


それでも当たりは続かないので
超軽量且つタフワイヤーを使用しているため強度抜群の『身軽グレ』+『ザイト 磯フロロ1.5号』の喰い渋り対策で

浮いて群れをなしていたグレゲット♪
喰い渋った時間や水温が低下する厳寒期には特にオススメです。

その後もポツリポツリと魚を追加し、大満足の納竿となりました。

 

海もシケてなかなか釣りに行けないこれからのシーズン、また年末年始用の食材確保にも是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

■釣行日…12月23日
■使用タックル
マダイ用
ロッド:海上釣堀専用竿、エギングロッド8ft、ライトショアジギングロッドなど
リール:小型スピニングリール
道糸:ザイトフラッシュRX 3号、ザイト筏かかり2号
ハリス:ザイト 磯フロロ 1.5~2号
仕掛:海上釣堀セット 喰い渋りマダイ海上釣堀セット 真鯛チャレンジ
交換鈎:海上つり堀1mスナップ付身軽グレザ・ロック

青物用
ロッド:海上釣堀専用竿、ショアジギングロッド9ft、ジギングロッド6ftなど
リール:中型スピニングリール
道糸:ザイトフラッシュRX5号、ザイト筏かかり3号、PE3号など
仕掛:セット一発 釣堀のませ仕掛海上釣堀セット 青物チャレンジ
交換鈎:海上つり堀1mスナップ付ザ・ロック

スタッフ 今永航汰