インストラクターブログ

Blog

冬の敦賀沖メタボマイカ&マダイ

こんにちはスタッフの今永です。

通称メタボマイカ と呼ばれているケンサキイカやブドウイカを狙いに敦賀の豊漁丸さんにお世話になり、年内最後のイカメタルゲームに行ってきました。
今年の敦賀の海は冬になってもメタボマイカ、真鯛、タルイカと大賑わいです。

1年中イカを追い求めているだけあって、強力な漁火がたくさんついています。

15時半に僚船グループもみな一斉に出船。

西向きに船を進めること約40分。
水深80mほどのポイントに到着しました。
明るいうちに仕掛のセットや食事を済ませ、ライトアップとともに戦闘開始。

ウネリがあったため、まずは長めのロッドをチョイス。
耐力イカリーダーにレベルスッテ20号とDraw4 2.5号をセットしたものからスタート。

程なくして、ボトム付近でマイカがヒットするも、、、。
何者かに食いちぎられます。

奪われる前にと スタッフ西浦の全開巻きでピックアップを試みるも、、、。

やはり、、、。

その後も掛けては奪われ、掛けては奪われの繰り返し。
たまに無事ピックアップに成功するとぼってりとしたコンディション抜群のマイカです♪

このサイズでクーラー満タンにする予定でしたが、ほとんどが奪われてしまいキリがないので、ターゲットを変更。
同行スタッフの即席仕掛でイカ泳がせ開始。

ここから、怒涛の真鯛ラッシュで



あっという間に全員真鯛キャッチ。
イカについた真鯛はサイズもよく、スリリングなやりとりが楽しめます。
この日は潮が緩く船長の許可をいただいて、真鯛狙いをさせていただきましたが、その日の状況によるので、その都度船長にご確認ください。
ちなみにこの日はナイト鯛ラバやタルイカジギングなど皆さんそれぞれの釣りを楽しんでおられました。

 

真鯛に癒されたところで残り時間いっぱいまで来季に向けたプロトタイプのテストも織り交ぜながらメタボマイカを楽しみました。


日によって若干ムラはありますが、まだまだ楽しめそうな雰囲気でした。
福井や京都など日本海側のイカメタルゲームはこの冬、絶好調です。
お正月用にストックされてはいかがでしょうか。

■釣行日… 12月15日

■使用タックル
【ベイト】
ロッド:イカメタル専用ロッド 7フィート
リール:カウンター付小型両軸リール
ライン:PE0.5号+フロロ3号

【スピニング】
ロッド:イカメタル専用ロッド 6フィート
リール:小型スピニングリール
ライン:PE0.6号+フロロ3号

仕掛:耐力イカリーダー、2019年発売予定プロトタイプ

ルアー:レベルスッテ20号、プロトタイプ30号、Draw4 2.5

スタッフ 今永航汰