インストラクターブログ

Blog

八里ヶ瀬のジギング

こんにちはスタッフ藤岡です。
今回の釣行は連休を利用して出雲~浜田の寒鰤、秋マサをジギングで狙ってきました。

出雲編は同僚の渋谷くんに任せて私は浜田編のレポートを。

釣行は11月3日。
お世話になったのは島根県浜田の飛沫さん。
この日は八里ヶ瀬というポイントへの遠征根魚便に相乗りさせて頂きました。

八里ヶ瀬といえば名称のごとく見島周辺から北に8里(32キロ)に及ぶ巨大なポイントです。
松方弘樹さんが巨大マグロを求めて足繁く通ったポイントでも有名ですね。
そんなロマンある超有名ポイントでジギングをしてきました。

ポイントはだいたい60~90mの岩礁帯。
基本的には根魚狙いなのですが、ヒラマサも混生してるとことなので私はヒラマサ狙い、他の同僚達は根魚狙いでチャレンジしてみます。

釣り開始後、早々に同船者の方々に良型のマハタや根魚、ヒラマサが上がります。
さすが八里ヶ瀬。
凄いポテンシャルです。

私も始めはキャストで様子見てましたが、ジギングに切り替えると早速中層で、ひったくるようにヒット!

ここでは珍しいハマチでした。

そのあとも青物の活性が上がり60~70cmのヒラマサやメジロが連続ヒットする場面もあり盛り上がりを見せます。

根魚狙いの方々も好調のようでポツポツ釣れているのですが常連さん曰く今日はしぶしぶの状況とのこと。
恐るべし八里ヶ瀬。

時間はあっという間に流れ、時計も13時をまわりラスト2時間。

14時半潮止まりなので、そろそろ潮の変化があるなと思っていると同僚の宇治宮にヒラマサがヒット!

このタイミングを逃すまいと、ジガーミディアム チェイス7/0にローレス系のアクションに切り替えるとドスン!と今までとは違う重量感のあるバイト。

主導権を譲ると止まらなくなるので、目一杯プレッシャーをかけてリフトします。
最後の最後まで抵抗を見せたのは90センチ級の良型のヒラマサ。

ジガーミディアム チェイス7/0
近海で1番使用頻度の高い番手になると思いますが、このクラスでも無変形、良いところに掛かって安心してファイト出来るよう仕上がりました。
自信をもってリリースできると思います。

このあとも時合は続きあっという間にストップフィッシング。
納竿となりました。

今回利用した飛沫さんから八里ヶ瀬はおよそ2時間。
行き帰りキャビンでゆっくり寝れるのも魅力的ですね。
疲れた身体を休めるので帰りの運転も楽チンでした。
是非皆さまも夢と浪漫と魚影豊富な八里ヶ瀬に行かれてみてはいかがでしょうか。

■釣行日 2018/11/3
■使用タックル
ロッド:6ft
リール:8000番
ライン:PE3~4号
ジグ:撃投ジグストライク125~180g他
フック:ジガーミディアム チェイス7/0~9/0
パーツ:ソリッドリングスプリットリングハイパーワイヤー

スタッフ 藤岡裕樹