インストラクターブログ

Blog

キャスト&ジギングで狙う舞鶴沖の青物

こんにちはスタッフの渋谷です。
今回はシーズン絶好調の青物をキャスト&ジギングで狙ってきました。

お世話になったのは舞鶴のノースポイントさんです。
今回ヒラマサキャストと鰤&サワラのジギングの二本立てのプランで楽しませて頂きました。

当日はまず有名ポイント「白石グリ」の遊漁規制時間のオープンに合わせて入れるように、付近のポイントをジギングで狙っていきます。
水深は100m前後でベイトの反応は底付近でびっしりですが、潮はあまり動いてなく、予想通り魚はいるが手強い様子です。
手を変え品を変えで、その日の当たりのアクションを探していきます。
そうこう迷走しているうちにスタッフ藤岡が早くもヒット!いつもやられてます(泣)

悔しいのでヒットジグとフックセッティングをこっそり盗み見します(笑)
どうもこの日はローレス系のアクションが良いようです。
私もそれに習い、ジグとフックセッティングを変更。

フックは巻き上げ重視のアクションでもジグの操作感を損なわない形状、また大型の鰤もいる様子なので、大型青物も安心のジガーミディアム チェイスで挑みます。(来春発売予定)

これが正解で私にも嬉しいヒット!
カンヌキをがっちりと捉えて安心のファイトでした。

その後もパターンにはまり、白石グリでは鰤やサワラと好調に追加していき楽しい時間が過ぎていきます。

ジギングを楽しんだあとは、ヒラマサをキャストで狙います。
ポイントをこれまた有名な冠島へと移しキャスト開始です。
浅いところでは底が見えるような瀬も入っており、緊張感があります。
まずは大型のペンシルで状況を確認しますが、反応はありません。

低活性だろうということで、プラグのサイズを落とし、フックもSTX-58をセッティング。
当日の当たりアクションを探していきます。

そうこうしているうちにヒラマサのチェイスがありますが、寸前で見切られてしまいます。
その後スタッフの藤岡がヒラマサを誘い出します。
160サイズのプラグに推奨フックサイズより軽いSTX-58をセッティングしキレのあるアクションで魚に見切られないようにしていました。

私も時間一杯まで投げ倒しましたが、ヒラマサはキャッチならず、納竿となりました。

今回もスタッフ藤岡に腕の差を見せつけられ、アクションの質やフックセッティングなどいろいろ勉強させられました。
これだから釣りは面白いですね笑

また次回ヒラマサリベンジしたいと思います!

 

スタッフ 渋谷強志