インストラクターブログ

Blog

喰いが渋いとエサトリ名人にもなるグレも、「身軽グレ」なら攻略可能!?

スタッフの萩田です。
今回はオーナーザイト兼アティヌス専属モデル、榊秀之インストラクターより、レポートをいただきました。
ご覧ください。

 

食いが渋いとエサトリ名人にもなるグレも、「身軽グレ」なら攻略可能!?

オーナーザイトインストラクター
アティヌス専属モデル
榊秀之

グレの活性が高い時、すなわち食いが良い時はそうでもないですが、潮の流れや水温、時期的なものでグレの活性が悪くなると苦労しますよね!
これは1日を通して目まぐるしく変わるものです。
こんな時には、ウキやエサを小さくしたり、ハリス(ザイト磯フロロ)を細くしたり、オモリを打ったり外したりして、グレに口を使って貰おうと釣り人は悲しい程(笑)の努力をします。
なかでもグレに直接触れる道具はハリとなり、食いが渋いと小さくするのはもちろんですが、これでも拾餌行動が鈍いグレはエサを拾ってくれない、口にしてもすぐ吐き出す、または口にすらしてくれない…。
こんな時に今秋に発売の『身軽グレ』です。


オーナーばり グレ用のハリでは最軽量のハリのため、他のハリでは重量が仇となり、エサを吸い込み切れない時にでも『スッ』と口にしてくれます。
さらに新素材タフワイヤーを使用したため、強度が増し、ハリ先も鈍り難いので、吸い込んだ瞬間ハリ先が立つ感覚です。
エサトリはあまり気にならないのに、ツケエサは無くなる…そんな経験ありませんか?
これは意外とグレなんですよね~喰いが渋いとエサトリ名人になるグレ!
昨年より使用した『身軽グレ』、春先の喰いの渋いグレと対峙し、あらためてスゴいハリが出来たもんだなとタモ入ったグレを眺めながら感心したものです。
この秋からの釣りで悲しい程の努力をする必要がまた1つ減りました。
強く訴えます。
グレとの唯一無二の接点は『ハリ』なのです。