インストラクターブログ

Blog

明石沖のタコ釣り

こんにちは!スタッフ大東です。
今回は兵庫県明石のタコ釣りをレポートしたいと思います。

お世話になったのは明石浦港より出船のジギング船魚英さん。
この時期、明石のジギング船は、ジギング&タコやタイラバ&タコなど、タコを絡めたコースで出船していますので、より手軽に楽しめると思います。
魚英さんは三隻体制で出船されていて、ジグタコ、タイタコ、タコ専門コースがあり、今回はタコ専門コースでお世話になりました。

数年前はテンヤを使ったエサ釣りが主流でしたが、近年はエギや、スッテ、ワームなどを使用したルアー釣りが中心となり、初心者にも簡単に楽しめる釣りになりました。

当日もレンタルタックルを手に楽しまれる方の姿もあり、タコ釣りの人気が伺えます!

当日は前々日に降った大雨で濁りが懸念されましたが、大きな濁りもなくスタートフィッシング!

ポイントはタコ釣りとしては深い、40mラインで、大型の期待が高い水深です。

釣り方は、底を取り、底から離さず細かいシェイクで誘います。

地形の変化や、船の上下動等で底から離れてしまうので、常に糸を送ったり、巻き取ったりしながらエギを底から離れないようにコントロールします。

細かいシェイクをしていると、重さに、変化が出ます。
それがタコがエギを触ってきているアタリとなります。
しかし、ここで合わすと乗らないかバレやすいので、少し糸を送るか、我慢して誘うと更に重さが伝わるので、ここでしっかり合わせを入れます。

この独特のアタリの出方と合わせを入れるまでの間合いがタコ釣りの最大の魅力と言っても過言ではありません!

当日は朝一から潮が緩く、チャンスタイムスタートでしたが、誘いや、合わせの感覚を取り戻すのに四苦八苦スタート。

ラッシュは無いもののポツポツと釣れています。

釣果を伸ばすポイントとしては、釣れてる人のカラーをチェックです。

早速カラーチェンジし、なんとか1杯ゲット

そこからはポツポツと拾い釣りが続きます。

 

アタリが無い時は時折仕掛けを1~2m持ち上げて周辺のタコにしっかり見せる誘いも有効です。

そういった時にオススメなのが、『たこ集寄ブレードショート』です。

誘いを入れた後のフォールで集寄のブレードがしっかり周辺のタコにアピールしてくれ、潮が速くても抵抗が少なく、エギのコントロールを、妨げにくいのでオススメのアイテムです!

またエギを動かさず集寄だけを動かす誘いも有効です。

今回のMAXサイズも大きなフォールを入れた後、集寄のみシェイクでアピールした後に乗ってきました!

徐々に潮が速くなり釣りづらくなったので、10mより浅いポイントに移動。
ワカメも多く、中々の苦戦を強いられましたが、潮が緩くなり、再び深場へ移動。

ここで『楽々タコテンヤ』にチェンジして追加。

周りでエギにも乗り出したので、再度エギにチェンジし、数杯ゲットして納竿となりました。

エギが主流となりましたが、テンヤの方が反応の良い時間帯もあるので、沢山釣りたい方は両方を駆使して頂くと釣果は伸ばせると思います。

シーズンはまたまだ続きますので、皆様も是非挑戦してみて下さい!

タックル
竿 タコエギ用ロッド
リール 小型両軸リール
ライン PE2号
リーダー8号1.5mにたこ集寄ブレードショートを接続。
オモリ 50号

スタッフ 大東哲也