インストラクターブログ

Blog

キスを狙いに家島周辺の島々へ

兵庫県は姫路港より出船し、キスを狙いに家島周辺の島々へ。
家島と言えば知る人からすれば、春ののっこみチヌや秋のグレ釣りなどで磯釣りが盛んな印象を受けるが、船から狙うにも四季に応じて様々な魚が狙える。
当日はかなりの雨量が想定され、例年に比べてキスの釣果が思わしくないことから、お客さんも4人と少なく、ほぼ貸し切状態。
今回は週刊つりニュース関西APCライターであり、テレビ取材にも出演経験のある投げ釣り師奥野太郎さんにもご同行いただいた。
 
5時、船は家島へ。ポイントに着くまでの間、船長に最近の釣果を聞くと、水温も例年に比べて低く、悪い人は半日で10匹程度しか釣れておらず、”厳しいなぁ~”とボヤキながらポイントへ到着。早速仕掛作りにとりかかる。
私はこの家島での船キス狙いで絶対的な信用をおいている「速攻キス2本4組」と「からまん天秤」を結び、オモリ30号をセットし仕掛を投入。


底まで仕掛を落とし様子を伺うがキスの気配はなく、早朝よりポイント移動を繰り返すことに。このままでは船長もマズイと思ったのか、予定していなかった家島より沖合にある松島まで移動。
4人しかおらずこのポイントまで移動すると燃料代を捻出することもままならないが、なんとか釣らしたい思いでこのポイントまで走ってもらい、ありがたいことである。


 
気持を仕切り直して再度仕掛を投入し、底に着底した時点で天秤を上下にコツき、海底の砂ケムリを巻きあげさせキスを寄せるイメージで操作すると、ブルルと竿先に反応が。
軽く合わせ、小気味良いアタリを手元に感じながら寄せてきたのは、良型のキスだった。
実を言うと、私自身シーズン当初にキスを狙いに行っていたのだが、見事ボーズとなり苦い思いをしている。なので、このキスが釣れた瞬間、何とも言えない喜びが込み上げてきた。周りのお客さんもキスが当たりだし、奥野さんもダブルでヒットしている。


朝イチ当たりがなかったのが嘘のようで、ここにきて順調に皆さん竿を曲げ、時合いが到来。一通り釣りきったら異なる水深と流すコースを替え、11時30分までに30匹以上のキスを釣ることができた。
最後、港へ帰る途中、姫路港から近い高島周辺に立ち寄り、そこでも数匹釣り上がることができ、結果40匹の釣果で大満足となった。

最後に、今回使った「速攻キス2本4組」ですが、まずは仕掛が4セット入りの為、仕掛交換を頻繁に余儀なくされる船キス釣りにおいて、すごくお得で使い勝手が良い。ハリス設定もキス狙いに定めている為、あえて細ハリスとし、喰いが渋いタイミングや時間が経つにつれプレッシャーが高まる時間帯にも有効です。「からまん天秤」は名前のごとく仕掛落下中に仕掛がほぼ絡まない、その一言につきます。

家島のキスはこれからが最盛期となります。お盆頃には100匹以上の釣果も見込め、数釣りが楽しめます。初心者の方、お子さんでも狙えるのでオススメです。