インストラクターブログ

Blog

汐巻遠征 ヒラマサキャスティング・ジギング

スタッフの西馬です。
ヒラマサキャスティングへ山口県長門市油谷の寛漁丸にお世話になりました。
では、釣行レポートとなります。

★釣況
関西・関東・山陰ともにイワシに絡んだ青物のナブラを目撃しますが
ベイトボールにならず、鳥もすぐに散ってしまうシーンが脳裏にあります。
前日の釣況もかなり厳しい状況であると伺っておりました。

★作戦
ルアーサイズの200mm以上は前半、封印します。
165mmルアーにST-56#3/0
190mmルアーにST-66#3/0


165mmに対しては、ワンサイズ大きいフックをセッティングすることで
少しでも沈めることを意識したセッティングです。
飛距離、サイズ感、レンジを中心としていますので、ここぞという際の隠し玉として
準備しておりました。

★実釣
今回は朝イチ、いきなり鳥が絡むパターンでスタートしました。
4号タックル、6号タックル、8号タックルの3種類の中、
正直、1発目どのタックルで挑むか迷いに迷いました。
朝イチはデカマサがヒットするパターンが多いので、8号以上からが
セオリーですが、直感で4号タックルを選択しました。
感覚的に渋い一日となる予測の中で一か八かの勝負を早い段階でしておきたいというものに突き動かされました。

キャストし、少し沈めながら引きながらアクションさせることを意識しながら
投げ続けているとすぐにヒットしました。
水深は20mとあまり余裕もなく、ドラグもあまり締め込めれない状況でもあり
根ズレしながらもなんとかギリギリキャッチすることができました。

ヒラマサ14kg

さすがにこの1本で4号タックルは封印しました。

6号タックルに換え再び、1時間ほど投げ続けます。
明らかに、ルアーの後ろをチェイスしているのがみえますが、ミスバイト。。。
再度、キャストし、同じ速度で引いてくるとチェイスしているのが目視できます。
ここからはかなりスロー映像のようにしっかりと後ろから口大きく開けてバイトするのが
明確に見えました。
ラインも6号あるのでしっかりとファイトでき主導権を獲れたのでしっかりとキャッチすることができました。

ヒラマサ11kg

ここから潮風が動かない状況に入ったので、
ジギングのポイントに移動し、ジギングを楽しみます。

フックセレクトはブルーチェイサーを使用しました。
商品画像:JS-39

ひたすらしゃくり続けてようやくヒットしました。
10kgほどのブリでした。

夕方にかけて風は逆となりかなりやりにくい状況で、再び、キャスティングで
投げ続けますが、バイトはポロポロとでることがあっても、中々、ルアーに絡まず
納竿となりました。

お土産に持って帰ったブリは美味しく頂きました。

■釣行日
2024.04.15

■キャスティングタックルデータ1
ロッド :Explosion 804HR
リール :S14000番
ライン :PEライン4号
リーダー:ナイロン80lb
ルアー :165mm

■キャスティングタックルデータ2
ロッド :Explosion 865HF
リール :S14000番
ライン :PEライン6号
リーダー:ナイロン100lb
ルアー :190mm

■キャスティングタックルデータ3
ロッド :Explosion 836CTR
リール :S18000番
ライン :PEライン8号
リーダー:ナイロン150lb
ルアー :200mm以上

■ジギングタックルデータ
ロッド :Magic Trigger 653LR
リール :S8000番
ライン :PEライン4号
リーダー:フロロ18号
フック :ブルーチェイサーJS-39

スタッフ 西馬諒

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE