インストラクターブログ

Blog

関西 海上釣堀サーモン 終盤戦

【関西 海上釣堀サーモン 終盤戦】

スタッフの西馬です。
関西の釣堀で大流行の海上サーモンに今年も行って参りました。
シーズン終盤のワガママボディサイズのサーモンを狙います。
釣行先は海上釣堀 海恵さんになります。
サーモン専用生簀で、ルアー、エサ両方で楽しむことができます。

★基本的なレギュレーションについて
ジグヘッド、ルアー、餌釣りで鈎が1本であれば何でもOKとわかりやすい設定です。
バーブあり、バーブなしどちらでも可能です。

★今回の作戦
①:ジグヘッド+ワーム
②:ジグヘッド+エサ
③:スプーン
④:②、③のローテーション

①は朝イチ高活性の状況なので、手返し良く攻めます。
②はワームがすれてくると、エサで対応します。
③エサがすれる、あたりが出ない場合、スプーンで攻めます。
基本的には、ジグヘッド、スプーン両方とも重めからスタートし、

★推奨アイテム
≪ジグヘッド≫
湾岸プロヘッド
虫ヘッド

 

≪スプーン・フック≫
S-21S-31

★実釣
作戦どおり、朝イチはジグヘッド+ワームで攻めるもすぐにスレの状況になり、
ジグヘッド+エサに変更しました。
使用したエサは、オキアミとブドウ虫を使用しましたが、ブドウ虫が圧倒的に好反応を示したので、この日は、ブドウ虫を通しで使用しました。

湾岸プロヘッド1.5g、ブドウ虫

スレてくるとスプーンにチェンジします。
使用ウェイトは2g前後から使用します。
渋くなってくると、ウェイトを軽くしていきます。

 

一緒に同行した釣り仲間も後半は、ノーシンカーフカセスタイルでアタリを出す釣法でも後半は釣れていました。

基本的には、スレはじめる予兆があれば、釣法を変えるのがポイントとなりました。
あとは時間の経過とともに、ウェイトを軽くしていくことも攻略のひとつでした。

★釣果

■釣行日 3/31

■タックルデータ①
ロッド :アジングロッド
リール :S2000番
ライン :マイクロPEハイライト ホットオレンジ 0.3号
リーダー:フロロ1号

■タックルデータ②
ロッド :ハゼクラロッド
リール :S2000番
ライン :マイクロPEハイライト ホットオレンジ 0.3号
リーダー:フロロ0.8号

スタッフ 西馬諒

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE