インストラクターブログ

Blog

山陰エリアで鯛ラバ&キャスティング&ジギング

春と言えば「ノッコミ」のシーズン!様々な魚種が産卵を控え、荒食い&集結するシーズン。
釣人としては心躍るタイミングのひとつです。
今回はそんなノッコミシーズンの「春爆」を期待して山陰エリアに2泊3日のツアーへ同僚と行ってきた模様をレポートしたいと思います。

初日は島根県浜田沖にて大鯛を狙い鯛ラバです。
この日は最高の釣り日和!朝から天気も良く、潮も緩くベタ凪。
快適に釣りは出来るのですが、ドテラ流しで行う鯛ラバには最悪のコンディションです。

ドテラ流しとは、船を風、潮の流れに任せて流して行く釣り方で風、潮が流れないとポイントが変わって行かないので、非常に苦戦します。
とりあえず、手持ちのヘッドで一番軽い120gでスタート、ネクタイは、プロトのレッド、フックは『マルチカスタムホールド3本』の10号、大鯛に備えて大きめのフックでスタートです。

この、マルチカスタムホールド3本はディープドテラの鯛ラバを想定して作られたアイテムで、長い距離をファイトするディープ鯛ラバでは、掛けた後のバラシをなるべく減らしたい、という事でキープ力の高い3本鈎でガッチリホールドして上げて来られるというアイテムになっています。

さてさて、潮無し、風無しのディープ鯛ラバどうなりますか・・・
水深は90m鯛ラバを落とし直しても落とし直してもまっすぐ落ちます。
こんな時はヘッドを軽くして仕掛だけで流れる様にして行くのですが、軽くしてもどないもなりません。
「とりあえず潮待ちやなぁ」なんて言うてたらゴン、ゴン、ゴン当たりが来ました!
この状況で食うのかー!と驚きのファーストフィッシュは60cmクラスの良型。

これは爆釣かと思われましたが、その後は外道すら反応せず、穏やかな春の海をクルージング。

途中イルカと戯れ、潮が流れるのを待ちます。
ようやく鯛ラバに角度がつくようになり、巻きの抵抗感も出てきました!
少し、外道の反応も出てきて、いよいよ来るのでは?と思って10m程巻いているとゴン、ゴン、ゴン、ジーと魚が反転して走って行きます。
これは大型の予感♪

慎重にやり取りして上げて来ると、ラインがナナメになって軽くなりました。
大型のが浮いてくるパターン!上がってきたのは70cmオーバーの大鯛!
ネクタイはプロトのオレンジゴールド。
真鯛用では無いですが、テストでは中々好成績を叩き出してきたネクタイですが、今回もキッチリ仕事してくれました。

海の感じは、まだまだチャンスがありそうです。
少しヘッドを重くしてチェンジアップヘッド150g
+プロトネクタイオレンジゴールドを巻き巻き。

鯛ラバを落とし直していると、フォール中にコン、アタリ?そのまま様子見で落とすとゴン、アタリや!止めて巻き出すと手元にズッシリとした重量感か・・・
これもデカイ!ジーッとドラクを出してファーストラン、止まったところで浮かしにかかるも、浮かず、巻いては出されの一進一退の膠着状態。
ここで慌てると切られてしまうので落ち着いてやり取り。
上がってきたのは、80cmの大鯛!

タックルデータ
ロッド 炎月ss B610M
リール オシアコンクエスト200HG
ライン PE0.8号、リーダーフロロ5号
ヘッド チェンジアップヘッド120g〜150g

フック マルチカスタムホールド3本10号
(下鈎に海毛虫青バチを装着)

その後も反応はありましたが、時間切れで初日は納竿となりました。
初日は大満足な釣行となり、いざ2日目のヒラマサキャスティングへ。

2日目は山口県へ移動し、ヒラマサキャスティングへポイントは汐巻。魚は入って来ているものの、ベタ凪、潮風逆と条件は最悪。
春のノッコミパワーを期待してスタートです。

ヒラマサキャスティングは水面に魚を引っ張り出す必要があるので、プレッシャーの入りやすい晴天、ベタ凪は非常に難易度が高くなります。
しかし、薄暗いマズメが最大のチャンス!
ひと流し目、ルアーの後ろがモワ〜、チェイスしかし、バイトに持ち込めず、同僚もチェイスあり
そうこうしていると、もうひとりの若手スタッフ西馬にヒット!

激しい突っ込みに耐え上がってきたのは14〜5キロのナイスフィッシュ!
テンションマックスで投げますが、ヒットには持ち込めず。
すると、また西馬にヒット!先程より小ぶりですが
ナイスヒラマサ!

これは、春爆か?と思いましたが、2流し目はし~ん。時合終了。マズメパワーは短めでした。

ここからは、テクニカルキャスティングゲーム。
ルアーサイズを変え、フックセッティングを変え、何とか反応するパターンを探しますが、反応無し。
僚船からジギングで釣れたとの事で、夕方の時合までジギングで狙います。

すると、ポツポツですが反応あり。
ヒラマサ&ブリが遊んでくれました。
フックはブルーチェイサー9/0

何とか坊主は回避し、夕方のキャスティングタイム!バイトはあったものの、残念ながらフックアップに至らず納竿となりました。

3日目は時化で中止となり、山陰春のノッコミツアーは終了となりました。

ジギングタックル
ロッド MAGICTRIGGER652LR
リール ツインパワー8000HG
ライン PE4号、リーダーフロロ18号

フック ブルーチェイサー9/0

■釣行日…4/13~4/14

スタッフ 大東哲也

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE