インストラクターブログ

Blog

六の瀬でオーシャンバトル 大物泳がせ』

新作の泳がせ用プロトフックの実釣テストに行ってきました。

今回は愛南町より出船の『幸丸』さんにお世話になり、足摺沖は六の瀬での釣行でした。

ではレポートです。

まずはいつも通り餌取りからスタートです。

近日発売予定の『ストロングチョクリ』という仕掛けを使って、サバやチビキ、ムロアジなどを狙っていきます。

基本的にこの餌取りでは効率が1番大事と考えていて、8本バリで多掛けを狙っていきます。

釣り方は、反応に対してのフォールで掛けていきます。

理想は下のハリから掛けていって、順番に上のハリまで掛けていくのが理想です。

この釣り方は、群れの層を仕掛けの長さ分フォールさせることが必要ですが、オモリが軽いと1~2匹付いただけで仕掛けが浮かされます。

仕掛けが落とせず、下のハリにしか魚が掛けれない為、400号以上の重たいオモリが必要になります。

そこでこの『ストロングチョクリ』です。

高重量のオモリを投げ込んでも耐える幹糸号数に、50センチ以上の魚が多数付いても耐えれる仕掛けに作りました。

チョクリ仕掛けの実績は過去のテストで証明されています。
サバ、ムロ、チビキなど、良く釣れます。

今回も餌取りは成功。
仕掛けが切れるなどのトラブルもありませんでした。

餌取り終了後、早速泳がせ開始です。

まずは同行メンバーの竿が海中に突き刺さりました。

強烈なやり取りを制して上がってきたのは20キロ近いカンパチ。

カット泳がせ30号が良いところに掛かってます。


その後マハタも。

今回、同船でプロトフックのテストに協力してくれた影浦さんにもカンパチヒット。

ナイスサイズのカンパチです。
今回のフックコンセプトは呑まれず
、口周りに掛けるです。

過去テストで、口の周りに掛かった場合はしっかり良いところを抜けきっていましたが、今回はあまり良くない掛かり方でした。

口の中で拾ってしまっているので、ハリの形状上薄くしか掛からず、危ない感じでした。

改善点が見つかりました。
ただカンパチ系にはやはり口の中でしっかり立つ広角形状のフックが相性がいいと思うので、狙いの魚種によってハリを選ぶのがベストと感じました。

広角のカンパチ用の新作も近々発売できそうですので、是非ご期待ください。

私の方はというと…
ハガツオ一匹のみの釣果でダメダメでした。

同行メンバーに感謝です。

これからも良い製品作りができるように現場で実釣テストを行いたいと思います。

■釣行日
10月11日

■タックル

ロッド GRANDEVO極スタンディング160
リール バトル20L
ライン PE10号+リーダー60号
オモリ 300号~400号
オーシャンバトル プロトフック30号
ハリス50号
ストロングチョクリ

スタッフ 渋谷強志

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE