インストラクターブログ

Blog

秋の紅葉鯛を狙って小豆島周辺へ

こんにちわ!スタッフ大東です。
春は桜、秋は紅葉と頭に付くターゲット真鯛。
特に秋の紅葉鯛は脂も乗り出し美味!

そんなターゲットを狙って、初めましての岡山県日生の金比羅丸さんへ。

ポイントは小豆島周辺海域40mラインからスタート。
最近は特定のベイトは無いとの事なので、底5mを中心に探っていきます。
潮は緩そうなので、タングステンヘッド40g+チェンジアップ交換鈎9号、シングルのオレンジ黒ネクタイでスタート。

一流し目反応無し、二流し目、船中で何人か竿が曲がりますが、魚は上がってこず。
チャンス有と思い、丁寧にボトムを探ると、コンッと小さいバイト、乗らず・・・
続けてコココンと当たり継続出来るか?となりましたが乗らず、更にゴゴンと良型っぽいアタリも乗らず・・・

どうやら活性は低い様子。
そこで、口の中にハリが入りやすくするイメージでハリを小さく変更し再スタート。

ボトムをスローに巻くと、毎流し小さな反応はあるのですが、どうにもならない悶絶モード。

すると隣で釣っていたスタッフ萩田のスピニングタックルが大きく弧を描いているではありませんか!
上がってきたのは食べ頃の紅葉鯛!

早い巻きが正解か?
それでもアタリはあるので、スローでネチネチと。
なんとかフックアップしたのは、塩焼きサイズの真鯛。

小さくても1枚、坊主を回避して一安心。
活性は高く無さそうですが、なんとか同サイズをポツポツと追加して前半戦終了。

大きくポイントを移動して、ここからが本番!
潮が緩いタイミングしか入れない、船長イチオシポイント。
潮の動き出しと共に時合到来!
船中で誰かが掛けると、パタパタっと複数枚上がってきます。
このタイミングでも無事追加する事ができ、今日は順調に釣果を伸ばせてるので凄い事になると思ってましたが、そんなに甘くありません。

ピタリとアタリが止まってしまいました。
それでも連発する方がいるので、何かパターンが変わった様子。
連発の方はかなり早巻き。
真似して早巻きすると、すぐ鯛からの反応が返ってきました。

棚も少しあがった感じで底から10m辺りでヒット!
パターンが再現出来るかどうかが、上手い人との差で、たまたま釣れたでは無く、狙って釣ったとなるのが鯛ラバの魅力のひとつ。
パターンを見つけてハマった時の爆発力は凄まじく何度なんで?となった事か・・・

答え合わせの結果・・・
3連発してフィニッシュ!

最後の一発はまさかの外道コショウダイでしたが・・・

ハリサイズ、ヘッドウェイト、ネクタイ等上手く交換しながら秋の瀬戸内真鯛を攻略できました!

釣行日
10/22

使用タックル
鯛ラバ専用ロッド 6ft前後
小型両軸リール
PE0.8〜0.6 リーダーフロロ4〜3号

ヘッド タングステン30g〜80g
ネクタイ オレンジ系

チェンジアップ交換鈎 9号〜8号

 

スタッフ 大東哲也

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE