インストラクターブログ

Blog

大阪湾船太刀魚テンヤ/サイズ狙いであえて大潮

こんにちわ!スタッフ大東です。
今シーズンの大阪湾太刀魚は、絶好調!連日100匹オーバーのとんでもない釣果が出ています。
「釣れすぎて飽きる」なんて声まで聞こえて来るほどです。

数は釣れるだろうと言う事で、サイズ狙いであえて大潮のタイミングで釣行してきました。
潮が速い大潮だと、遊泳力の低い小型は餌を追いきれず、あまり食って来ないのでサイズ狙いがしやすくこのタイミングを狙いました。

さてさてどうなりますか・・・
ポイントは神戸沖
最近は日の出も遅くなり、ポイントへ到着するとまだ薄暗いなかスタートです。
水深は40mと浅めのポイント。
暗いので棚は浮いてるかと思いながらも、大型狙いなので底からスタートです。

 

一流し目、アタリ無し。
ふた流し目、10〜15m上でアタリあり。
も上手く掛けれず、一発目のアタリが上手く掛かるとその日調子に乗れるのですが・・・
更に、流し変えのタイミングと、アタリパターンの発見が重なり更にリズムに乗れず、イライラなスタート。

今日は数では無く、サイズ狙いと気分を落ち着かせようやく一本目。
サイズも指3.5本とマズマズ。
少しリズムが出てくると、サイズ狙いを忘れてついついアタリ棚で楽しんでしまいます。

 

当たる棚は狭いものの、誘いと棚、テンヤカラーが合えば、強いアタリがしっかり出てくれます。
個体数が多い場合はそんなに気にしなくて良いのですが、掛けやすいアタリを出す事が上級者への第一歩なので、カラーローテーションや誘い方の変化でより掛けやすいアタリを出していってもらえたらと思います。
もちろん出したアタリを掛ける技術も必要ですが・・・
そんな技術をカバーするのがテンヤの性能!
操作しやすさ、掛りの良さ、バラしにくさ、その辺りも気にしてもらえるとより釣果を伸ばせるかと思います。

話は戻りまして・・・

フッキングが決まれば、強い引き込みと抵抗感が魅力のこの釣り。大型狙いと思いながらも、しばしの数釣りモード。
実は今回の釣行裏テーマで、『掛獲船太刀魚テンヤ』の来シーズンの新色ファーストサンプルのチェックと言うミッションも抱えております。
潮が緩くなり、アタリが遠のき出したタイミングで新色投入!

さっきよりも強いアタリが、頻発♪
周りの釣人は釣れてないですが、アタリが続く!
サンプル1号は、ヨシヨシ合格!一発で決まり!
サンプル2号は、狙っていた感じの反応は無かったので修正依頼。

その後、潮が、動き出すとまたコンスタントにアタリが出だしたので、ここからは真剣に大型狙い。
タックルもソフトな誘いを意識した7:3に持ち替え、誘いもジャークを封印し、ストップ&ゴーもしくは微速巻きを中心とした誘いに。
棚もボトムor群れの1番上から上へ探るようにし、アタリ棚を外していきますが、この日は答えは帰ってこず。

ドラゴンこそ釣れませんでしたが、アベレージは指3.5〜4本と十分満足な釣果となりました。

■釣行日
10月15日

■使用タックル

ロッド 太刀魚テンヤ専用竿170前後
リール 小型両軸リール
ライン PE2号リーダーフロロ8号
先糸 よれない船太刀魚リーダー14-50cm
テンヤ 掛獲船太刀魚テンヤ 40号
05ダブルゼブラグロー
08今永イワシ
01グロー
06パープルゼブラ
新色プロト

スタッフ 大東哲也

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE