インストラクターブログ

Blog

七里ヶ曽根ヒラマサキャスティング

こんにちは。
スタッフ渋谷です。

今回は春のヒラマサ遠征に行ってきました。
お世話になったのは唐津市の名古屋浦から出船の立蔵さんです。


マグロにマーリン、デカマサなど超大物で有名な遊漁船で、船長が楽しくゲームをサポートして下さります。

ではレポートです。

呼子大橋が遠征にきた実感を沸かしてくれます。

壱岐に向かうまでに何か所か瀬をたたいていき、1バイトだけ良型っぽい反応がありましたが乗せきれず。

七里ヶ曽根に向かいます。

ポイントにつくと魚探反応はびっしりと写っています。
まずはキャストで反応を見ていきます。

しかし風潮の向きが合わずなかなかキャストでは厳しい状況に。
こんな時はジグで魚とのコンタクトを計ります。

このところ大型のフットボールのように肥えたブリが釣れているとのことなので、狙っていきます。

あまり船も流れていないので180gのジグにフックはジガーミディアムチェイスの7/0からスタートします。
ワンピッチで探っていると、すぐジグに魚が追尾してくる反応があります。

少し追わせて、イレギュラーなアクションを入れると素直にバイトしてくれます。


ヤズ


ヒラマサ

水深が深めのポイントでは220gのジグにジガーミディアムチェイス9/0の組み合わせで。


同行の景浦さんもチェイス11/0で。


コンスタントに釣れ続け他の地域では大満足の釣果ですが、やはり九州のポテンシャルを感じるには1本デカいのが見たいところです。

潮の転流のタイミングで再度キャストを開始。
良い条件が揃ったところでルアーも動かしやすくなり、これは喰うかもと思ったタイミングでやはりのチェイス。

しかし完全にはバイトしてこないです。
そこでチェイスがあった後すぐに早巻きし、水面をバシャバシャと逃げるようにルアーを引いてやり、強引にスイッチをいれバイトに持ち込みます。


ヤズ ST-66 #2/0

そして夕まず目のタイミング、景浦さんがやってくれました。
大きな水柱のバイトに強烈なランに耐え上がってきたのは、九州らしい15キロのヒラマサ。

この日はこの1本で納竿しました。

宿は壱岐泊まりで翌日の釣行に備え体を休めます。

翌日、朝まず目のタイミングで七里ヶ瀬に入ります。
経験上朝まず目で暗い内が勝負と思っていたので、いきなり大型タックルを構え、バイトに備えます。

 

まだ薄暗くルアーも視認できない状況ですので、アピール重視で大型ルアーをジャバジャバと水面に泡を噛むように泳がせます。
すると1流し目でいきなりきました。

10キロヒラマサのダブルヒット。


ST-66#4/0

短い朝まず目のゴールデンタイムを逃さないように、次の流しに備え、急いで準備します。

先ほどの流しで明らかにルアーの存在が目立った方にバイトがあったので、できるだけルアーの存在をアピールしながら引いていきます。

キャストし、着水後5mほど水面をバシャバシャと早巻きし、存在感をアピール。

その後喰わせのジャークを入れたタイミングでドカンとバイト。
狙い取りのアプローチで気持ち良いバイトでした。

その後は高ドラグの強烈なファイトを楽しんで、キャッチ。

14.5キロ

この日は潮風がずっと合っており、その後も七里、壱岐周辺でトップで釣れ続け、楽しい時間を過ごしました。



帰路壱岐周辺や小川島、呼子の風景を眺めながら唐津に寄港し、今回の遠征は終了となりました。
しばらく道具の片付けをしながら思い出を楽しみたいと思います。

お世話になった立石船長、同行の皆さま、あづまや旅館様ありがとうございました。
また訪れたいと思います。

■釣行日 4月4日~5日

■使用船 遊漁船 立蔵様

■タックルデータ

【キャスティング】

ロッド:エクスプロージョン854 スロウハンド817・806
リール:18000、12,000クラス
ルアー:240~190クラス
ライン:PE10号~6号 リーダーナイロン130lb〜200lb
フック:ST-66 #2/0~#5/0
その他:スプリットリングハイパーワイヤー#10~#7 ソリッドリング#6.5~#9

【ジギング】

ロッド:ダブルトラップ613 リアルフュージョン5104
リール:8000クラス
ジグ:セミロング、ロング 170g~220g
ライン:PE4号~5号、リーダーフロロ18号~30号
フック:ジガーミディアムチェイス#7/0~#9/0
その他:スプリットリングハイパーワイヤー#6、ジグスピン#3

 

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE