インストラクターブログ

Blog

三重 キハダマグロゲーム

真夏の釣りといえば、夕涼みできるイカメタルや鮎釣り、キスの投げ釣りなど暑さに負けない魅力的な釣りがありますね。

私の場合は、この時期日中にキハダマグロを追いかけるのが、毎年のパターンになってます。

今年も高知に三重とキハダを追いかけ、今回は三重県尾鷲市梶賀漁港より出船のスプラッシュさんでお世話になりました。

また試作中のカーブポイントのトリプルのテストも目的です。

ではレポートです。

今回は2日間の日程での釣行でした。

あいにく、実近の状況はキハダの浮きが悪く、初日は串本方面に探しに行くことに。

串本方面に向かう途中、新宮辺りの沖でしょうか?
船長が鳥山を当ててくれましたが、喰わないカツオナブラで、マイクロジグ、シンペン等試してみますが反応なく。

諦めて串本方面へ。

そこで、再度カツオナブラに遭遇。
少ないチャンスで良型のカツオをヒット。

今回、松山から参加してくれた『釣具のフレンド』の影浦さんがしっかり仕留めてくれました。

串本から尾鷲に帰り途中、船長が単発で跳ねたトンボを見つけてくれましたが、打ち込むまでにはいかず。

初日は雰囲気少なく終了となりました。

まぁマグロ釣りでは普通の事です。
簡単にいかないから、釣り上げた際の喜びが大きい釣りですね。

2日目は昨日の状況を見て、パヤオに行くことに。

ここでの狙いはダルマと呼ばれるメバチマグロ。

到着後まずは、ポッパーでの誘い出しで様子をみます。

何回か潮登りし直して、投げ続けていると、いきなり水面爆発です。

ど派手なバイトで出てきてくれました。

メバチマグロ
ワタヌキ12キロ

今回試作中のトリプルでの釣果でした。

『掛かるカーブポイント』がテーマのパワークラストリプルです。

掛かりどころは口元にしっかりと抜け切り、フッキングしていました。

口の中を観察してみると、3センチほど滑ってきたようなの引っ掻き傷があり、そこから口元まで飛んで掛かったと思われます。

カーブでもしっかり鈎先が拾ってスッポ抜けずに仕事してくれた事が収穫です。

これから掛かり方のテストサンプルを集めて、納得のいく製品にしていきたいと思います。

この日は他に、キメジやカツオ、シイラにワフー(オキザワラ)と当たりが多い1日になりました。

本命(メバチ)からの反応を狙って投げ続けると、本命のバイトがもう一度ありましたが、フックアップできず。

1日中投げ続けて、三重での久しぶりのパヤオゲーム楽しめました。

まだまだ、これからの時期楽しめる三重県のキハダゲーム。

夢のサイズ目指してこれからも追いかけたいと思います。

ちなみに、この前週もガッ釣り関西の取材で、スプラッシュさんでキハダゲームを行いました。

その模様はテレビ大阪がっつり関西9/9OAテレビに放映予定ですので、よければご覧ください。

■釣行日
8/28~29

タックルデータ

【キハダキャスティング】
ロッド スローハンド817
リール 18000
ライン PE8号+ナイロン170lb
ルアー ポッパー180cm~220cm
フック プロト#3/0
その他 スプリットリングハイパーワイヤー#9~#10、ソリッドリング#7.5

スタッフ 渋谷強志

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE