インストラクターブログ

Blog

  • 2023.07.14

関西船キスレポート

こんにちは!スタッフ大東です。
今回は関西船キスレポートです。

夏の代表的なターゲットのひとつ、キス!
砂浜の女王という異名を持つ、とても綺麗な魚で美味としても知られています。

小気味良い当たりと、当たるけど乗らない、掛からない難しさもあり初心者からベテランまで手軽に楽しめる釣りです。
今回は姫路から出船の知々丸さんにお世話になりました。

連日好釣果なので、エサは石ゴカイを2000円分用意。気合を入れていざ出船です。
ポイントは家島沖。水深は30mでオモリは30号、からまん天秤15cm&阿部式キス競技用2本の8号でスタート。


この仕掛は全長80cm&太ハリスで取回しが良く、活性の高いキスを手返しよく攻略するのに最適。

とりあえず、オモリを着底させ底を数回小突いて誘い、オモリを底から切ってアタリを待ちます。
同船の凄腕メンバーはすぐに本命をゲットしていますが、私はアタリすら無く、?マークが頭の中をグルグル。

先ずは、アタリの出るパターンを探します。
イマイチ反応が薄いので、仕掛を速攻キス2本4組に変更。
こちらは同じ競技用のハリを使用した仕掛ですか、先程の阿部式キスよりもハリスが細く、全長が1mと長くアタリが出しやすくなっています。

誘いを入れ、当たる棚を探しながら竿を上下。
するとプルプルとキス特有の小気味良いアタリ!
スーッと聞きアワセ掛かりません・・・

アタリがあっても掛からないのもキス釣りの面白いところ。
釣り人の腕も勿論ありますが、ハリの形状や大きさなんかもアジャストしていかないといけないので、ハマる人が多いのも頷けます。

この日は比較的アタリも多く、掛けれない当りに悶絶しながらもポツポツと釣果を伸ばしていきますが・・・
凄腕の同船者は既に3倍の釣果を叩き出しておられます。

 

アタリが少し遠のいた所で、仕掛を更にチェンジ!
腕が無い分は、仕掛とハリに仕事をしてもらいましょう!
ここで投入するのは、マシーンキス3本ホタル仕込み。ショートロッド対応の本格投げキス仕掛なので全長1.3mと船キス釣りでも使えてしまうのです。
チモトの夜光留でアピール、段差ハリスで全掛けを狙いやすい仕様なので一気に数を伸ばしたい欲望まみれのチョイスです。

ここで天気は大雨の大荒れモード。
少し、アタリのペースは落ちましたが、コンスタントに釣れ続き、納竿となりました。
下船後トップの方に話を聞くと、アタリの出方でアワセ方を変えているのだとか。

次回挑戦の時はその辺りも意識してやってみたいと思います。

■釣行日 7/5

■タックル
ロッド ライトゲームロッド7:3
リール 小型両軸リール
ライン PE0.8 リーダーフロロ4号
オモリ 30号
使用仕掛
からまん天秤15cm
阿部式キス競技用2本 7〜9号
速攻キス2本4組 7〜8号
マシーンキス3本ホタル仕込み 7号

スタッフ 大東哲也

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE