鮎ブログ

Blog

天然遡上が好調な島根県高津川&匹見川へ

いよいよ2022年鮎の友釣りシーズンが各地で始まったようですね!
全国各地で賑わいをみせてるようです。
解禁された皆さまおめでとうございます。

さて
友釣り大好きのオーナーばりメンバーも居ても立ってもいられないことは言うまでもなく
早速、行ってきましたのでその模様を。

 

5/29(日)
解禁された河川も複数で始めた5月最終日曜日。

どこに行くか悩みましたが
比較的流程が長く混雑していなく、天然遡上が好調な島根県高津川&匹見川に行くことにしました。

 

高津川に着いたのは午前9時頃。
川見を挟みながら高津川漁協さんで遊漁券とおとりを購入します。

前情報では、やはり天然遡上が多く高津本流全域である程度釣れ、匹見川は放流モノがよく掛かってるとの事。

どこに入るか悩んだ結果、
せっかくきたので
午前中は匹見川、午後から高津川で竿を出すことにしました。

 

まずは匹見川の19番の友釣り専用区へ。

水質もクリアで岩盤と石で形成された中小規模の渓流相といったところ。

仕掛は大きな鮎もいるとのことなので、ザイト・フロロ鮎0.175号にザイト・鼻かん仕掛糸FC0.6号、ライトチューブ鼻かん6号に一角SP6.5号でスタートします。

まずは石裏の泡立ちやヨレを狙うとすぐに18センチほどの良型が掛かって無事に2022初鮎をゲット。
少し不安なスタートでしたが
久しぶりの再会に胸を撫で下ろします。

さてここからは循環の釣り。
一つ一つ思い出しながら
丁寧に泳がせてポツポツながら良型鮎が続いてあっという間に場所移動の時間に。

 

続いては高津川本流。
21番の道の駅裏に入ります。
全体的に瀬が続く広いポイントなので、期待したいところ。

入川すると大小の鮎が走り回っている姿が確認できて
今年の高津川の遡上の良さが伺えます。

釣れてくる鮎もひと回り大きく18〜21センチの粒ぞろいが多く
天然海産とあって目印が消し飛ぶアタリに感動します。

ペースは渇水とあってポツポツとですが
夕方いっぱいまで楽しんで初釣りは納竿としました。

 

今年の高津川はとくに盛期〜終盤はかなり楽しめそうです!

 

スタッフ 藤岡裕樹

2024年4月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE