鮎ブログ

Blog

2週連続の仁淀ブルー

嬉しいことに釣り好きな学生時代の友人が、去年から友釣りを始めてくれたことでまた久しぶりに一緒に竿を出すことが増えた近ごろ。

今回、学生時代の彼は家族に美味しい鮎を沢山持って帰ると約束してしまったようでもう大変でした。

というのも季節の変わり目で天候は不安定。
目ぼしい河川は増水や大雨予報で友釣り初心者の彼には到底無理な状態。

結局、集合時間まで各河川の天気予報と水位を睨めっこして選んだ先は高知県仁淀川。

まさかの2週連続で仁淀ブルーに行くことに。

先ずはオトリ屋さんで情報収集したのち、おすすめポイントの出来地にエントリーすることにします。

仕掛はメルファ複合メタルMH0.08号にハリは満開チラシキツネ3本の8.5号とやや大鮎仕様。

下の瀬が空いていたので友人はトロ〜瀬肩、私は瀬に入ります。
先週来た時より水位が落ち垢が付いた分、鮎がどこにいるか?

探しながら瀬の脇から流心にかけてテンポ良く探っているとガガっと反応があり、時折掛かりますが20センチ弱のこの時期としては小さな鮎が掛かります。

時間帯なのか渇水による場荒れなのか分かりませんが、大きな鮎は姿を消しています。

瀬肩で泳がせていた友人もノーヒットっということで早々に見切ります。

 

次に選んだのは前回爆釣した楠瀬。

ポイントに着いてみると前回と違って釣り人だらけで目ぼしいポイントは埋まっています。

友人には前回好調だった深瀬を、私はやりにくそうな急深瀬が空いていたのでエントリーしました。

この読みが的中。
オトリを馴染ましたそばから気持ちいいアタリが続きます。

友人も時折竿を曲げているのであちらもまたいい釣りをしているのでしょう。

 

またサイズも午前と違って22〜24cmの良型揃い。

この日も大鮎対応の返し抜きの練習にと良型鮎を飛ばしていましたが、満開チラシキツネ3本が抜群の安定感で安心してやり取り出来ました。

途中、11m長竿も引っ張り出して更なるサラ場狙いでは、マッキンキンした良型鮎の追加に成功。

ハリは11m長竿の振り子抜きに耐えれる荒瀬チラシ3本の10号が活躍となりました。

これで友人の家族へのお土産ミッションも沢山の良型鮎でなんとか無事に達成となりました。

今シーズンまた何処かで一緒に竿を出せること楽しみにして帰路につきました。

 

使用タックル
竿 急瀬〜11m
天上糸 天上道糸FC 1.0号
水中糸 メルファ複合メタルMH0.08号
中ハリス 鼻かん仕掛糸FC1.0号ワンピース
鼻かん ネオフック鼻かんM プロト
サカサ 一体忍サカサ2号
ハリ 満開チラシ荒瀬チラシなど8.5〜10号

スタッフ 藤岡裕樹

2024年4月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE