ちょっとSHOT! BLOG

Blog

包ワーム&ピンテンヤで怒涛の時合

●釣行日:2019年11月23日
●お名前:BUCCI
●ポイント(場所):神奈川県ふれーゆ裏
●使用商品名・号数:包ワーム(シャッド)&ピンテンヤ(15g)
●魚名:太刀魚
●全長:96cm

 

まだ太刀魚釣りを始めたばかりですが、釣り仲間で噂になっていた包ワーム&ピンテンヤの
セットを試しに買ってみました。

普段はウキ釣りの合間に、ルアーやテンヤを投げたりしてましたが、
当日はルアーやテンヤの替わりに包ワームをメインに投げてみました。

周りも殆ど釣れていない中、前半戦はウキ釣りポツポツ釣れる程度で、
包ワームと普通のテンヤ1本ずつと、ウキ釣りが優勢でしたが、日付が変わってから、
ウキへのアタリも多くなり、暫しウキ釣りメイン本数を伸ばし、ウキへの反応が落ち着いた
タイミングから包ワームを再開したら、

ここから怒涛の様に釣れまくりました!

因みに包ワームには、サバの切り身を詰めてました。

投げて巻き始めればズドンッ??ってアタリがあって釣れ続けるので、
当然時合いだと思って周りは全然釣れてません。

サバの切り身はキビナゴみたいにぐちゃぐちゃにならないので、鈎を外して即投入出来て、
めちゃくちゃ手返しが良かったです。

2.3本釣れたあたりまでは、周りも時合いだと感じて、気合が入った感じではあったんですが、
誰のウキも沈まなければ、ルアーやテンヤにも当たりがない状態に、途中から諦めモードになってました。

そんな状況でも、ほぼ毎投釣れる状況が続いて、この時合いだけで7.8本釣れました。
バタバタ釣れ続いたので、正確な数はわからなくなりました。

あまりにも独りだけ釣れているので、入れ替わり立ち替わり人が来ては、「何使ってるの?」
とか聞かれるので、包ワームとピンテンヤという餌とルアーのハイブリッドと説明すると、
殆どの方が知らなかった様子で、「これ、面白いねぇ」とか、「へぇ~こんなのがあるんだぁ」なと、
かなり興味を持たれていました。

既に渋いと言われている状況の中、結果として17本釣れて、そのうちの半数ぐらいは
包ワーム&ピンテンヤで釣れました。

良く釣れるとは聞いてましたし、前回も釣れましたが、包ワームがハマった時の爆発力は、
他の釣り方の比じゃ無いと感じました。

調子に乗って釣り過ぎたので、ご近所に配って食べてもらいましたが、
脂も乗ってる新鮮な太刀魚は美味しかったと感謝され、沢山釣れて楽しめて、
家族からも美味しかったと喜ばれ、とても嬉しい日となりました。

今回はシャッドとダートを1セットずつしか買ってませんでしたが、
これだけ釣れるなら、予備も含めて、もう数セット買おうと思いました。