ちょっとSHOT! BLOG

Blog

釣りが手軽に楽しめる東北宮城県で様々な魚種が狙えるライトタックル五目を満喫

●釣行日
2024年3月10日

●お名前
山口 充

●ポイント(場所)
宮城県女川港・雄勝周辺

●使用商品名・号数(使用鈎・仕掛・ルアーなど)
段差のチカラ キス・カレイ」11号
動体カレイアイナメ2本」10号~12号
抜投カレイアイナメ」10号~13号
楽投カレイアイナメ」9号~11号

●魚名
マコガレイ・クロメバル・アイナメ

●全長
マコガレイ 41cm

●重量

●コメント

毎年3月11日は「東日本大震災祈念」で東北の地にいる自分ですが、前日の10日に東北の素晴らしい魚達を求めて釣りをしています。

また美味しい海の幸も多く「旅と釣り」が楽しめるエリアです。今回は女川港と雄勝方面にも足を延ばし楽しむ事にしました。

女川港に有る釣具店でアオイソメを購入。投げ釣りと虫ヘッドを使った釣りを予定。店内には釣果の写真が並んでいて、メバルやアイナメ、カレイ、ソイ、スズキなど魚種が多彩。全て港内付近で釣れている様子。季節にもよりますが流石東北三陸の海と言う感じでした。

まずはカレイのポイントを教えて頂き移動。この日は晴天にもかかわらず小雪が舞う東北らしい天候。ただ北西の風が強く釣り辛い状況でした。

風の対策で投げ釣り用、15~20号の天秤を25号にし、重くなった分、吸い込みのリスクを少なくする為に遊動仕掛けにアレンジ。

キャストして暫くすると「アタッた」と同行した釣り魚料理研究家の石井ちか江さん。確りと喰い込ませて合わせたが途中でバレてしまいました。

実は石井さん、昨年も同じ季節に投げで47cmのマコガレイを上げていて、そのイメージで鈎も大きく、餌のボリュウムも大きくして再チャレンジ。

アタリは多いもののフッキングが出来ない状態で、餌を少なくするとアタリが無くなってしまう展開。

すると益々風が強くなり移動を決断。当地の仲間に案内して頂き、風裏になる「雄勝」方面へ。

時折、風の向きが変わり吹き付けますが、釣りは行える状態。

仕掛けを変更し、鈎サイズを落としながらも餌のボリュウムが出る「段差のチカラ キス・カレイ」の11号を選択。

アタリを待っている間に、アジングロッドを使って足元の魚を狙う事に。

虫ヘッドにアオイソメを付けて探ると、ワタリガニの仲間やメバル等もヒット。

軽く投げるとアイナメ。シマハゼや様々な小魚がヒットしました。

そして、投げ竿にアタリ。しかし居食いしている感じでその後のアタリが無い状態。

少し仕掛けを動かしてみると「ヒット」。引きは強く、手前に有る根に入ってしまいましたが上手く出す事が出来て無事ネットイン。41cmのマコガレイ。嬉しい。ここで釣行終了。風が強い1日でしたがアタリも多く楽しめました。

翌日は女川にて午後2時46分を迎え黙祷。

最終日は塩釜水産仲卸市場で、小分けになったお刺身などを買って朝ごはん。

美味しい海産物に舌鼓を打ちながら帰路に着きました。

これから、気温も上がり陸からの釣りもしやすい東北。是非楽しんで見ては如何でしようか。

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE