ちょっとSHOT! BLOG

Blog

特大確定パターン

●釣行日
2022年7月18日

●お名前
まっくす

●ポイント(場所)
三隅港

●使用商品名・号数(使用鈎・仕掛・ルアーなど)
ザ・ロック 13号 

●魚名
イシダイ

●全長
67 cm

●重量
5.1 kg

●コメント
前回は壁付きイシダイ攻略にて4.9キロを仕留めましたが
今回は王道【かぶせイシダイ】

この日は2週間後に控えたテレビ新広島
釣り番組「釣りごろつられごろ」へ向けたプラクティス!
あいにく番組の舞台へ予定しているポイントは渡船欠航で渡れず、初場所への釣行となりました。
事前に渡船へイシダイ釣況を確認してみると1キロ前後のイシガキダイしか釣れていない模様。
しかし
コレはウニ・サザエでのブッコミ釣りでしかやっていないらしく、この時点でなんとかなる気がしていた。

さて
初場所でもあり長く広いその波止で何処に釣り座を構えるかなのですが
通常
潮通しが良く変化に対応し易い角地を選ぶのですが今回は、まだ時期的に壁際を意識し、うわずっているであろう回遊個体を待ち伏せることにしました。
おもむろに波止の中央へ釣座を構え、撒き餌を少量ずつ頻繁に撃つ作戦です。

午前7時に実釣開始
かなりのウネリが残っており水中の様子は見て取れず回遊してきたイシダイへフォールで気付かせ追わせるイメージを作っていきます。
午前8時
答えは直ぐにやって来た
さし餌投入後ゆっくりとしたフォールを意識し水面下4mに達した瞬間サミングしていた指を弾きラインが走る!
【特大確定パターンだ】
ここで慌ててはならない。
前回話した様に
少しおくってからのスイープフッキング
竿のバット部分に乗せる感覚でラインやハリへの衝撃荷重を和らげます。
それでも魚の自重とパワーで鋭いハリ先のザ・ロックは確実に口元を捕らえてくれる!

重量感たっぷりの強烈なファイトを魅せながら、上がって来たのは初見で解る60超え!

色合いと鰭に貫禄を纏ったメスのイシダイである。

DSC_0155

また
プラクティスで番組歴代記録を獲ってしまった…
まぁ本番もナントカなるでしょう(笑)

たとえ
イシダイの実績が薄くても波止であるなら、その1投が魅せてくれる。かもしれませんよ。
是非チャレンジしてみて下さい。

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE