ちょっとSHOT! BLOG

Blog

今回もザ・ROCKに助けられた釣行であった

  • 釣行日:2022年6月12日
  • お名前:まっくす
  • ポイント(場所):浜田港
  • 使用商品名・号数(使用鈎・仕掛・ルアーなど):ザ・ROCK 13号 
  • 魚名:イシダイ
  • 全長:54.5 cm
  • 重量:3.8 kg

 

 

前回

㈱オーナー様スタッフ西浦伸至さんとの釣行から約3週間よくよく考えると私は、まだイシダイを釣っていない(笑)

と、いうことで行ってまいりました

 

【かぶせ石鯛】?

目標はノッコミを迎えるこの時季特有の超重量級メスのイシダイ

 

朝5時に実釣スタート

1投目からエサ取りの猛攻で海の中はすっかり夏モヨウ

2投目からは早くも挿し餌にエサ取り対策を施すことになる。

フォール途中からカン!カンとティップを叩くアタリ方はサンバソウ!

これが「かぶせ石鯛」にとって間違いなく最強のエサ取りである。

なんせ本命の子供なのだから

 

しばらく打ち返すと僅かに海中の音が静かになった

次投に最大警報を発令する瞬間である!

 

先程までのフォール小アタリも無いまま静かに着底すると

前触れも無く「ドン?」

と響くかの如くティップが入る。

次いで重量感溢れるトルクフルなファーストコンタクトはやはり75cmのコブダイだった。

相手の初速を抑制する私のファイトスタイルはランディングまで時間が掛からない。

なのでリリース時には膨張した浮き袋にエアー抜きが必須となります。

しっかりと蘇生し無事にお帰り頂くことに成功。

そしてひと息つきながらの次投を落とすと、「ゴン!ゴン!」とフォール途中からティップが殴られるかのような動きを見せる。

次の瞬間ロッドごと引っ手繰られた!

このパターンは間違いなく本命!

しかし

スピード感はあまり無い引き具合で、予想通り狙いのノッコミ雌イシダイが上がってきた。

サイズ感こそ超重量級とまではいかなかったものの、この時季ならではのマルマルとしたナイスプロポーションの綺麗なイシダイでした。

タモ網から取り出した瞬間、既にハリは外れており。

おそらく貫通せず硬いクチバシに針先が立った状態で上がってきたのだろう

実はフォールヒットに良くあるパターンで運が悪いとハリ外れやハリが伸ばされることが多い。

今回もザ・ロック13号に助けられた釣行であった。

 

 

次回!

超重量級のSPECIALファイトに御期待下さい。

 

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE