ニュース

News

「撃投ボディープロテクター2」「撃投ロッドプロテクター2」の 機能的詳細について

横浜釣りフェスティバル、大阪フィッシングショー、新潟フィッシングショーなどで
サンプル品として展示しておりました2020年新製品のなかで、
「撃投ボディープロテクター2」「撃投ロッドプロテクター2」の
機能的詳細に関する問い合わせをいただくことが多くなってきました。
この製品に関して、お知らせいたします。。

 

お問い合わせの両製品については4月発売を予定しています。
各地のフィッシングショーで参考展示してありました。
撃投は磯のルアーゲームに特化した製品群となっておりますので
各製品の機能的詳細につきましては4月にスタート予定の撃投サイトにて
詳しく説明してまいります。発売時期や希望価格等については2月20日にアップ済みの新製品紹介に
一覧整理してありますので、そちらも併せて参照願います。
http://www.owner.co.jp/news/22045/

 

ここではデザインなどを確認いただけるように簡単ですが製品の特徴・要点を画像をそえてお話しいたします。
あわせて参照いただけましたら幸いです。

【撃投ボディープロテクター2】2色あります

・素材はネオプレンで伸縮性があり軽量です。磯での釣りを快適にします
・ワンサイズですが、ボディーを完全周回する2本のアジャスターベルトで、胴囲は122センチまで対応します。
・浮力は7.5㎏/24h設定で落水時の安全性を十分に確保。
・初代撃投プロテクター(07プロテクター)との違い、おおまかな要点。
「収納スペースを必要最小限コンパクトに配置(青物用大型プラグ・パーツ・スマホ・財布など計6か所)」
「着丈は07モデルよりも80mm長くなり、それによりさらに薄く機動的になりました」
「ベンチレーション機能強化(背面メッシュ窓拡大、また背面生地をメッシュ処理)」
「その他Dカン、ユーティリテイベルトなどを外、内とも適正配置」

 

【撃投ロッドプロテクター2】2色あります

・とにかく頑強にロッドを守ります。離島などへの渡船で船倉に重ね積みになってもロッドを守ります。
・パーツ、素材処理、リベット、縫製など、すべてにおいて頑強です。耐久劣化に対する配慮を怠りません
・2ピース、ヘビークラス青物タックルを5セットは余裕をもって収納可能。プラス外付けロッドホルダーも
大型化し、ギャフの柄だけでなく、夜釣りのクエタックルをリールをセットしたままの取り付けも可能になりました。
・2色あり、透明ロゴバージョンは白の油性ペンなどで名前を大きく書いたりするにもロゴが邪魔になりません。
・ユーティリティループで自前のショルダーベルトを取り付けていただけるようになりました。

 

※お問い合わせをありがとうございます。
取り急ぎではございますが、参照いただければ幸いです。

※詳しくはHPの新製品ニュース、また来月からスタートする「撃投サイト」にて
より詳しくご紹介いたします。よろしくお願いいたします。

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ARCHIVE